スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

道(人生の路) Road

道(人生の路みち) 
監督:ペ・チャンホ
出演:ペ・チャンホ、カン・ギファ、ソル・ウォンジョン、クォン・ボムテク

道鍛冶職人をやっているテソク(ペ・チャンホ)は、もう20年も家に帰らず、重い道具を持って市場町から市場町へと向かう生活をしている。ある日、ソウルから来たシニョン(カン・ギファ)という若い女性に出会う。父の葬儀に行くという彼女は、葬式に似合わない真っ赤なコートに大きなスマイルバッチをつけた、どこか足りなく見える女の子。テソクは、シニョンをバスに乗れる所まで連れていってあげることにする。道すがら彼は思い出す。この上なく愛した妻。いつも子供の土産を買って帰った小さなわらぶきの家。最も親しかった親友のトクス。そのトクスが、この20余年間、家へ帰ることをできなくした裏切り。彼は、記憶の中の道を憎しみと懐かしさとともに歩く。そして、シニョンが、その敵のようなトクスの娘であることを知って、彼女を家まで連れていってあげるために、また旅立つ…。

人生の路みち【感想】
韓流ブームとかいうものが今でも続いているのが、もう廃れたのか、私には判りませんが、そういうことは関係なしに、この「道」のような韓国映画をもっと見てみたい気がします。(別に韓国映画である必要はありませんが…)。カッコだけの俳優さんで、その出演者目当ての映画はもう飽きちゃいますよね。別にそれが悪いというわけじゃないけど、それこそブームだけで、続くものではないということは、多くの人は知っているはずです。ペ・チャンホ監督の映画でいうと、以前「」という映画でも同じ感想を書きましたが、偶然にもまた同じ感想になってしまいましたね。ペ・チャンホ監督の映画は、そういう感じの映画が多いのかなと思って調べてみましたが、他では「黒水仙」くらいしか見たことが無く、たまたまそうなのかもしれません。共通していえることは、監督自身が脚本を書いているということで、今回は主演もしているのだから、よりこだわったものが出来たのでしょうかね。一つ一つの場面が丁寧に撮られているし、映画全体が無駄無く作られているようにも感じました。
邦題では「人生の路(みち)」というタイトルがついているようですが、正にその通りズバリのタイトルですね。でもそれは見終わった後に“そうだなあ”と感じたのであって、先に“人生の路(みち)”というタイトルを知ってしまうと、ちょっと残念な気もしますね。
映画のラストシーンですが、それからどうなるのでしょうか。20年間という長い年月を、シニョンと出会い真実を知ることによって、埋めるとこは出来なくても、また続けるのかと思うと気が重くなってしまいます…。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2007/10/08 22:09 | 韓国映画(マ・ヤ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

優雅な世界 The Show Must Go On

優雅な世界 우아한 세계
監督:ハン・ジェリム
出演:ソン・ガンホ、オ・ダルス、パク・チヨン、キム・ソウン

優雅な世界ソン・ガンホが、出世作「ナンバー・スリー」以来、久々にヤクザ役を演じて注目を集めた作品。家庭を大事にする暴力団員が、組織と家族の間で葛藤する姿を描いた映画で、共演はデビュー18年目にして映画初出演を飾ったパク・チヨン、名脇役のオ・ダルス、キム・ソウンほか。また、音楽監督はアニメ「攻殻機動隊」の音楽で世界的に知られる作曲家、菅野よう子が担当。「映画の完成度をよりいっそう高めている」と好評の劇中音楽も聴きどころだ。
普段は周囲に睨みをきかせている極道者のカン・イング(ソン・ガンホ)。そんな彼も、家に帰れば誰よりも家族を愛する普通の夫であり、普通の父親だ。日当たりの良い庭付き一戸建てで、家族と優雅に暮らすことを夢見ながら、彼は日々ヤクザ稼業に精を出している。しかし、そんな彼の気も知らずに妻(パク・チヨン)は早く足を洗えと小言を言い、思春期の娘(キム・ソウン)はヤクザ者の父が恥ずかしくて彼を避けている。さらに組織内では、ナンバー2のノ・サンム(ユン・ジェムン)との関係が悪化。そんなこんなで、イングの目指す優雅な生活は程遠く、彼の思いとは逆に全く優雅でないところへと引き下ろされることになる…。

The Show Must Go On【感想】(ネタばれ感想、ご注意!!)
シネマコリア2007で、当初この作品が上映される予定でしたが、どういう訳か突然中止になってしまったようで、非常に残念でした。しか~し、このDVD、韓国版でも日本語字幕があるんですよ。なんと嬉しいことか!
今の私のブログのタイトルバックが、この優雅な世界です。ソン・ガンホの雰囲気、いいでしょう。映画でもそんな表情を存分に発揮してくれています。それと同時に、この映画では、その反対の表情もとてもうまく表現されています。ネタバレになってしまいますが、ラストのシーンで、独りカップのビビン麺を食べているシーンがあります。それを投げつけてしまった後、自分で掃除するんですが、これが、この映画のハイライトでしょうかね。どうにもやるせない、そんな表情の塊ともいえるシーンでしたね。
ヤクザでも父親、父親だけどヤクザ。そんな難しい役を今回のソン・ガンホはとても表情豊かに演じています。やはり、ソン・ガンホはヤクザな役が似合っているのでしょうか?「大統領の理髪師」や「グエムル 漢江の怪物」などでいろいろな親父を演じていますが、今回が一番ですね。情けないと思いながらも、彼を応援してしまう、ストーリーの良さだけではなく、やはりそこがソン・ガンホの魅力なんだと思います。この映画の後の「密陽」はすごいニュースとなってしまいましたが、この映画もすばらしい出来映えだと、私は思います。
デビュー18年目にして映画初出演を飾ったパク・チヨンもいいですね。もっとたくさん映画に出演して欲しいですよ、是非。今回は、極道者の奥さんの役ですが、長い経験を持つだけあって、地味だけどとてもいい雰囲気でした。またこの次にも期待が膨らみます。
また、親父と娘さんとのやり取りも印象的でしたね。年頃の娘さんをもつ親から見れば、全て頷けてしまうシーンが多かったと思います。(当然逆のこともいえますが…。)
それから毎度のことですが、オ・ダルス。いつもいい!! の一言ですが、今回も見せてくれます。ここまで来ると、彼を主演にした映画はできないものなのか、と思ってしまいます(笑)。
この映画、今年の私の一押しになるかもしれません…。暮れのベストスリーはどうなるのかな…。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2007/08/07 01:03 | 韓国映画(マ・ヤ)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

麻婆島(マパド)2 Mapado 2

麻婆島(マパド)2 마파도 2
監督:イ・サンフン
出演:イ・ムンシク、ヨ・ウンゲ、キム・ジヨン、イ・ギュハン
   キム・ウルドン、キム・ヒョンジャ、キル・ヘヨン

麻婆島22005年の韓国封切りで、全国310万人余の観客を動員する興行成功を収めた「麻婆島(マパド)」の続編。
前作の麻婆島での騒動の後、相変らず一発当てようと夢見ていたチュンス刑事は、財閥会長パク・タルグの初恋の人探しというミッションを受け、パク・タルグの故郷トンベク(椿)島へ向かう。同じ船に乗ることになった花の美男子ギヨンとチュンスは、暴風雨にまきこまれ、ある人里離れた島で目を開けるが、よりによって、またマパ島に辿り着いてしまう。麻婆島には、相変らず猟奇おばあさん5銃士が仲良く暮らしていて、何年かぶりにチュンスと再会したおばあさんたちは、久々に訪ねてきた二人の男を再びこき使う。より一層、強力に、巧妙に、悪辣にアップグレードされたおばあさんたちから避けて、初恋の相手が暮らしているというトンベク(椿)島に逃げる工夫をしたチュンスは、ある日、トンベク(椿)島が、麻婆島の別名だという驚くべき事実を知るようになる。そしてギヨンと共に5人のおばあさんたちの過去を根ほり葉ほり聞き出そうとするが…。

マパド2【感想】(ネタバレの感想です。)
前作の続編というほど、ストーリーはあまり関係ありません。だだ前回と同じ顔ぶれで、似たような状況というだけで、前作を見てなくても十分楽しめますよ。でもやはり前作を見ておいた方が、すんなり入っていけるかな。今回もたっぷりと笑わせてくれます。
前作同様チュンスは、全然刑事らしくありません。彼が刑事という設定はもうどうでもいいみたいで、笑わせてくれるおっちゃんを演じています。男前のギヨンは、話を盛り上げるための小道具みたいで、ちょっと可愛そう。しかしおばあちゃんたちのパワーには圧倒されますね。前作ほどではないにしろ、今回も炸裂しています。新しい顔ぶれが一人増えていますが、そこが今回のポイントですかね。うるさいくらいによくしゃべる人、逆にほとんどしゃべらない人、それぞれの個性が出ていましたね。監督が変わっているようですが、その辺は継承されていてよかったですね。そして前も同じ感想を書きましたが、今回も過去のおばあさんたちを演じるイ・イネが、とても可愛く見えました。それにエンディングでおばあちゃんたちの若かりし頃の写真が出ますが、そんなところもいい感じてした。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2007/07/18 18:58 | 韓国映画(マ・ヤ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

Mr. ロビンの口説き方

ミスター・ロビンの口説き方 Mr.로빈 꼬시기
監督:キム・サンウ
出演:オム・ジョンファ、Daniel Henney

Mr. ロビンの口説き方外資系企業M&A社に勤めるOLミンジュン(オム・ジョンファ)はいつも最先端のファッションを身に纏い、クールな性格で仕事も出来る魅力的な女性。しかし、一緒に香港で休暇を過ごすはずの彼には待ちぼうけをくらった上、落ち込んで次の出勤日の朝に交通事故を起こしてしまった。事故の相手は、高級スーツに身を包んだロビン(ダニエル・ヘニー)という男。彼は、修理代の支払いからから逃れようと知恵を絞るミンジュンを置いて、携帯電話で証拠写真を撮り悠々と消えてしまう。実はこの男、ミンジュンの会社に新たに赴任してきたCEOだった。ハーバードのロースクール、MBA出身、5か国語が堪能な秀才のM&A専門家。そのうえ彫刻のような8等身スタイルに、映画俳優に劣らない秀麗な容貌まで。ミンジュンは彼を避けようとするが、新しいプロジェクトのアシスタントに起用され、ことあるごとにタックルがかかってしまう。そして彼が彼女の粗雑な恋愛テクニックをあざ笑いながら投げた一言「私を一度口説いてみる?」。完全に自尊心が傷つけられたミンジュンの忍耐力は限界に達し、彼女の野心に充ちたプロジェクトが始まる…。

ミスター・ロビンの口説き方【感想】
オム・ジョンファが出演している映画は結構見ている方だと思う。「結婚は狂ったことだ」「シングルズ」「どこかで誰かに何かが起こると必ず現れるホン班長」「オーロラ姫」「私の生涯で最も美しい一週間」「ホロヴィッツのために」。今回7本目となりましたが(ブログに書いてないものはいずれ書くこともあるでしょう)、どれもハズレがなかったように思います。別に彼女のファンではないのだけれど、見終わった後に腹が立ったりすることはなし、何て云うか、雰囲気がいいのかな…。取り立てて美人でもないのに自信満々で、それでも自分の悪いところを知っていてがんばろうとする。そんなところがいいのかな…。今回もワンパターンとも感じる内容ではありましたが、それでもよかったなあと思える映画でしたね。振り返ってみると、彼女はいつも新しい女性とそれまでの既存の女性とを混在させた役が多いんですね。新しいタイプだったら可愛げないし、古いタイプだったら新鮮みがない。混在させている、だから嫌みにも感じず、可愛くも見え、応援したくなる、そういう役が多い女優さんなんだと今回初めて気づきました。これからも期待していきたいですね。共演していたロビン役のダニエル・ヘニー、かっこいいですね。でも映画の中ではずっと英語ばかりで、ちょっと残念でしたね。それからもうひとつ、えらい日本語の上手な俳優さんがいるなと思ったら、夏木陽介さんでしたね。久しぶりに見たからすぐには気づかずに、エンドロールで気づきました。日本人が日本語上手なのは当たり前ですね。でも彼が出演していたとはちょっとびっくりです、はい。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2007/05/05 00:34 | 韓国映画(マ・ヤ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

無影剣 Shadowless Sword

無影剣 무영검
監督:キム・ヨンジュン
出演:イ・ソジン、ユン・ソイ、シン・ヒョンジュン、イ・ギヨン

無影剣926年、渤海は契丹の侵略により陥落され皇太子も暗殺される。渤海再建のため大臣たちは、幼い時に政争に巻き込まれて追放され、今は辺境の地で盗品商となっている王子テ・ジョンヒョン(イ・ソジン)を探し出し、連れ戻そうとする。王子を連れ戻す重大な任務を受けたのは渤海最強の剣士であるヨン・ソハ(ユン・ソイ)。彼女は王子を守るため、渤海の王族に伝わる無影剣を携えて出発する。ジョンヒョンを探し出したソハは彼を渤海に連れ戻そうとするが、ジョンヒョンは王位を継承する意味はないと拒絶する。しかし、ソハの献身もあって、ジョンヒョンも渤海の置かれた状況を悟り、次第に使命感に目覚めて行くようになる。そんな時、復讐と自分の野望のために祖国を裏切って契丹の刺客となったクン・ファピョン(シン・ヒョンジュン)と腹心メ・ヨンオクがジョンヒョンの命を狙ってやって来る。ジョンヒョンは無事に渤海に戻ることが出来るのか。渤海の未来がかかった避けられない対決が始まる…。

Shadowless Sword【感想】
はやりこの映画は、華麗なワイヤー・アクションが何と言っても見所ですよね。特にソハ役のユン・ソイ、かっこ良かったですね。女性を“かっこいい”なんて言い方するとちょっと変な感じですが、でもかっこいいです。彼女は映画「アラハン」の時もなかなかのアクションでしたが、今回はそれを遥かに超えています。まさに最強の剣士ってのがぴったりです。そしてソハとヨンオクの対決シーンは、この映画のハイライトだと、私は思います。それに比べ、ファピョン役のシン・ヒョンジュンは今イチでしたね。なんかカッコだけで、アニメのパクリはもういらんって感じですよ。理由があるにせよ、悪人になったファピョンは、シン・ヒョンジュンにぴったりでしたけどね。(失礼)
それからもう一つこの映画の見所は、時代背景における“衣装とメイク”ではないでしょうか。キム・スロやチェ・ジウが特別出演していますが、声を聞くまで分からないくらいに変身しています。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログランキングへの、クリックお願いします。

2007/03/04 22:01 | 韓国映画(マ・ヤ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ミスター・ソクラテス Mr.Socrates

ミスター・ソクラテス 미스터 소크라테스
監督:チェ・ジノン
出演:キム・レウォン、カン・シニル、イ・ジョンヒョク、ユン・テヨン

ミスター・ソクラテス人気俳優、キム・レウォン主演によるアクションドラマ。ある組織によって、突然刑事にさせられたチンピラの活躍を描く。共演は「シルミド」「公共の敵」などで知られる名脇役、カン・シニル。性悪な男が人間的に成長する姿も丁寧に描かれている。
チンピラ仲間からも“極悪だ”と言われるほどの荒くれ者ドンヒョク(キム・レウォン)。ある日、彼は突然謎の組織に拉致される。この組織は、それまでスパイとして潜入させていた刑事が死んでしまったため、彼を代わりの刑事に仕立て上げ、凶悪犯罪課に潜入させようとしていたのだ。ドンヒョクは彼らによる拷問じみた教育を受け、嫌々勉強を強いられるが見事刑事となり、警察に潜り込むのだが…。

Mr.Socrates【感想】
キム・レウォンといえば、優しい好青年というようなイメージがありましたが、この映画ではイメージを覆していましたね。短髪でこっちの方がかっこよかったかな。確かに最初はホントどうしようもない奴だと思ってみていましたが、だんだんカッコよく見えてくるのは、演出のうまさなのでしょうか。でもこの映画は脇がしっかりしていましたね。小ちゃいけど貫禄のあるカン・シニルは特に際立っていたように思います。ストーリーはそれほどでもないですが、映画の中でドンヒョクがだんだん変化していく様子や師弟関係など、うまく描かれていたように思います。コメディーにしては上出来かな。(あれっ、ひょっとしたらコメディーじゃないのかな??(w))
少し感想とは違いますが、ドンヒョクが電車の中で老人に席も譲らずタバコに火をつけるシーンがありましたが、これは韓国ではあり得ない行為だそうですね。お酒を飲むときに体を目上の人から避けて飲むのはよく見かけるシーンですが、タバコも同じで、目上の人の前では吸ったりしないのが韓国の常識らしいです。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

2006/11/14 22:48 | 韓国映画(マ・ヤ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

モノポリー Monopoly

モノポリー 모노폴리
監督:イ・ハンべ
出演:ヤン・ドングン、キム・ソンス、ユン・ジミン

モノポリー【解説とストーリー】
 天才的なプログラマーと事業家、各々の欲望を描いたサスペンスドラマ。主人公のプログラマーを演じるのは、「風のファイター」や「受取人不明」で知られる若手演技派のヤン・ドングン。親に捨てられ孤独に過ごし、事業家のジョンと出会ったことで人生の大逆転を狙う主人公のキャラクターに強く共感したドングンは、この役のために軍隊への入隊を延期した。「赤い靴」のキム・ソンスは、モデル出身の俳優らしく、品の良さに悪魔的な魅力をあわせもつ裕福な在米韓国人事業家ジョンを好演している。二人の間に存在する謎の女性エリーを演じているのはスーパーモデル出身のユン・ジミン。
 韓国科学技術院を卒業したギョンホは、大韓民国銀行のプログラマーとして働いている。彼はある日、フィギュア・ショップで出会った事業家ジョンの犯罪計画に取り込まれて行く。それは、銀行のネットワークを利用して、国内の全口座から小額ずつを引き出すというものだった。ジョンの恋人のエリーは、計画の手助けをするギョンホに、ジョンに利用されているだけだと警告するのだが…。(YesAsiaより)

Monopoly【感想】
 主演のヤン・ドングンは解説にもあるように「風のファイター」や「受取人不明」の印象が非常に強く残っているので、今回の役はそれらとはだいぶ違った印象を受けました。差別を受けたり、逆境に立ち向かったりといった強い彼はここには登場しません。頭は良いがどことなくひ弱な感じを与え、天才プログラマーを見事に演じています。映画の作りはハリウッド映画のパクリのような気もしないでもありませんが、三人のキャラはそれぞれよく描かれていたと思います。先に書いたヤン・ドングンはもちろん、謎めいたジョンの恋人役エリーをユン・ジミンがうまく演じていました。
 映画のシーンには、フィギュアがよくでてきますが、そのキャラクターが日本のアニメってのにはちょっとびっくり。フィギュアは、日本ではマニアック的な扱いをされますが、韓国でもそうなのでしょうかね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

2006/09/04 22:28 | 韓国映画(マ・ヤ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。