スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

飛べ、ホ・ドング Bunt

飛べ、ホ・ドング 날아라 허동구
監督:パク・キュテ
出演:チョン・ジニョン、チェ・ウヒョク、ユン・チャン、クォン・オジュン

飛べ、ホ・ドング知的障害を持つ子とその父親の愛を、温かいタッチで描いたファミリードラマ。
11歳のドングはIQ60だが誰よりも学校が大好き。息子のドングが、無事に小学校を卒業できるならば、何でもするという天下無敵のチキン店社長のジンギュ。学校に行けば、ヤカンに水を汲み、毎日友人たちについて行くことしかできないドングだが、そんなドングを見るジンギュは、ひたすら幸せだ。しかし、知的障害を持っているため、学校側は彼を特殊学校に転校させようとしていた。何としてでも小学校を卒業させてやりたい父親のジンギュは、あの手この手で学校側にゴマを摺る。そんなある日、各クラスに給水器が設置され、水汲みを生き甲斐としていたドングは落ち込むが、8人しかいなくて存亡の危機にある野球部で水汲みの仕事を見つける。野球のルールも理解出来ないドングであったが、彼無しでは試合に出られないコーチは、必死でドングに野球を教えようとするのだが…。

バント【感想】(ネタバレの感想です。)
見終わった後に、この映画を選んでよかったと思える映画でした。別に取り立てて感動するわけでもないのに、終盤のスローモーションは何と気持ちのよいことか。私はあまりスローモーションの映像が好きではないのに、これほど気持ちが和らぐスローモーションには、記憶がないくらいだ。野球を知っている人ならば、この映画の終盤は想像できてしまうかもしれないが、そんなことはもう関係ないですね。
原作は台湾の王淑芬(Wang Shu-Fen 作)で台湾のベストセラー小説「私は白痴だ」。IQ60の少年を主人公にしたら、何となく見るのが嫌な場面も多くなるかと思っていましたが、この映画はそういった場面も少なくてホッとしました。もちろん担任の先生やクラスメートの冷たい視線もありますが、それよりも明るくはつらつとしたドングが良かったですね。担任の先生がドングに“明日は試験だから休みなさい”とは信じられませんでしたが、嫌な場面はそれくらいかな。映画の中でドングは、ジュンテのことを(相棒)と呼んでいました。いつも笑顔で明るく、そしてジュンテのことも気にかけていて、体育の時間に一周走る所を二週走る所はドングの思いやりんなですね。同じことが最後にも出てきますが、それは例のスローモーションです。また、息子を思う父親のジンギュ(チョン・ジニョン)もよく描かれていたと思います。お金が欲しいから癌になりたいとは普通は思わないでしょうが、この切羽詰まった状況を切実に描いていました。それともう一つ心地よかったのが野球部のコーチ(クォン・オジュン)。このキャラクターもこの映画にはピッタリでしたね。そして最後にはこの親子の明日への希望が感じられる、そんなストーリーでした。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2008/06/23 14:19 | 韓国映画(タ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

正しく生きよう Going by the Book

正しく生きよう 바르게 살자
監督:ラ・ヒチャン
出演:チョン・ジェヨン、ソン・ビョンホ、イ・ヨンウン、コ・チャンソク

正しく生きよう続けて起こる銀行強盗事件で民心が落ち着かないサンポ(三浦)市。新しく赴任した警察署長イ・スンウは、銀行強盗模擬訓練を実施することにする。この訓練で、民心も得て、野心も満たそうとする彼だったが、まじめだけが取り柄な交通課巡査チョン・ドマンを強盗に抜擢し、訓練は思いがけない事態へと進んでいく。適当に訓練を終わらせようとする参加者たちを無視したまま、不誠実な人質たちを説得しながら、きちんと準備された強盗としての模範を見せるチョン・ドマン。警察でも強盗でも、受け持った任務に最善を尽くすバカ正直な性格のせいで、彼の頭の中には、ひたすらミッションを成功裏に終わらせようとする考えなのだ。彼の強盗熱演で、模擬訓練はなかなか終わらず、結局、特殊機動隊が投入され、TVを通して全国に生中継されるなど、訓練は実戦よりさらに真剣になっていく…。

Going by the Book【感想】
この映画は、都井邦彦(原作)、斉藤ひろし(脚本)で映画「遊びの時間は終わらない」(1991年 萩庭貞明監督)をリメイクしたものとなっています。
なかなか面白い映画でしたね。コメディ映画ですが、声をあげて笑うと言うより、じわりじわりと押し寄せてくるような面白さです。ドマン役のチョン・ジェヨンは、いつもいい感じですね。今回も堅物で融通が利かない警察官を見事に演じていました。笑わせようとして演技をしているのではなく、まじめにやっているから余計に面白いと言った雰囲気がよく出ていました。しかし、確かにこんな人物がいたとしたら、周りの人々は大変ですよね。その辺もよく描かれていたと思います。私としては署長がもっと間抜けだったりしたら、より面白かったのにと思ってしまいます。ソン・ビョンホは、いいんですけど何というか、いつも無難な感じがしてしまいます。もっと違った演出で彼を見てみたいものです。そして原作も見てみたくなりました。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2008/05/19 20:42 | 韓国映画(タ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

止められない結婚(あきれた結婚) Unstoppable Marriage

あきれた結婚 못말리는 결혼
監督:キム・ソンウク
出演:キム・スミ、イム・チェム、ユジン、ハ・ソクチン

止められない結婚元S.E.S.のユジンがスクリーンデビューを飾ったロマンティック・コメディ。家柄のまったく違うカップルが、両親たちを説得して結婚するまでをコミカルに描いた作品。
ある日、パラグライダーの事故がきっかけで知り合ったウノ(ユジン)とギベク(ハ・ソクチン)。二人は運命的な出会いをし、恋に落ち結婚を約束するが、しかし問題は彼らの家族だ。ウノの父親ジマン(イム・チェム)は、伝統を重んじる気難しい風水師。一方、ギベクの母親マルニョン(キム・スミ)は、江南地区の高級住宅街に住む自由奔放なセレブマダム。あまりにもキャラクターの違う彼らが親戚同士になるなんて、ウノとギベクにも想像がつかない。彼女たちは、この水と油のような二人を仲良くさせるためにあらゆる手段をつくす。一方、これ以上、キベクとウノの出逢いをほっといてはいられないチマンとマルニョンは、二人を引き離すために想像できない妨害工作を行い、そこにウノの叔父チルとキベクの姉エスクまで加勢して、事態はますます絡まっていくのだが…。

あきれた結婚【感想】
はじめこの映画は、スクリーンデビューのユジン演じるウノがヒロインかなと思っていましたが、もう完全にキム・スミがヒロイン?になっていましたね。彼女はここ数年、とても多くの映画に出演していますが、一度見れば忘れることなど出来ないくらい印象的です。この映画ではもうそれが特に炸裂していましたね。そしてジマン役のイム・チェム。伝統を重んじるというだけあって、そんな雰囲気がばっちりでした。彼はTVを中心に活躍しているようで、映画では「覆面ダロ」に出演しています。
映画ではウノとギベクの熱愛があまり描かれておらず、完全にチマンとマルニョンに押されっぱなしで、ちょっと残念ですかね。ですが、コメディー色が強い映画と考えればそれで納得です。ストーリーはもう想像がついてしまうくらい単純ですが、そこがまたいい感じです。気楽に見れるし、嫌な人が一人も出てこないのがいいですね。脇もすべてコメディータッチで、爆笑するシーンなどどこにもありませんが、そんな気楽さがいいです、はい。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2007/12/24 15:14 | 韓国映画(タ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

妻の恋人に会う Driving with My Wife's Lover

妻の恋人に会う 아내의 애인을 만나다
監督:キム・テシク
出演:パク・クァンジョン、チョン・ボソク、チョ・ウンジ、キム・ソンミ

Driving with My Wife's Loverこれまでの人生そのものが、小心この上なかったテハン。暇つぶしにハンコを掘りながら、その日暮らしをしている。彼は妻が浮気していると思い、不倫現場をおさえようと計画をたてる。タクシー運転手をしている浮気相手ジュンシクの家の近所をうろつき、客を装って奴のタクシーに乗りこむ。行き先は、遠く離れた洛山(ナクサン)。とんでもない長距離を快く引き受けたジュンシクは、テハンがソオクの夫であることも知らずに、車内で得意げに愛情論を展開する。二人はその道中でさまざまなアクシデントに見舞われるが、紆余曲折の末に目的地に到着する。タクシーを降りた後、予想通り妻が1人でいる家へジュンシクは向かう。現場を目撃したテハンは、その現場をおさえて決着を付けようとするが、小心者なので成し遂げることが出来ない。結局ジュンシクのタクシーを盗んで、彼の妻がいるソウルへ向かう。いくら小心者のテハンでもじっとしていることができない…。

妻の恋人に会う【感想】(ネタバレの感想です)
なんかおかしな映画でしたね。特に前半は???な部分が多くて…。タクシーが途中で故障してしまうのですが、レッカー車を待つ間、坂道を何十個ものスイカが転がってきたり、車を修理している間食事に出かけるのですが、そこで電話をしているときに、そこまで受話器の線は延びないだろうし、突如現れるヘリコプターも…。おかしなところに突っ込みを入れたくなってしまいましたね。ですが後半はなかなかよく出来ていました。テハンがソオクの店で酒を飲むシーン。テハンを演じるパク・クァンジョンと、ソオクを演じるチョ・ウンジですが、二人の雰囲気がとてもよく、二人の寂しさや辛さが伝わってくるような感じでよかったですね。
この映画は90分くらいでそんなに長くないのですが、前半の変なところをカットして、もっと短くするか、反対にドライブ中の二人の心理戦をもっと描いてくれるとかしたら、よりいい映画になったような気がするんですけどね。まあ私のような素人考えがそう思わせるだけかもしれませんが。
そうそう、最後にテハンがポケットに隠し持っていたハンコの印字は“씨발”でしたね。それをポンとついて欲しかった気もします。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2007/10/10 10:38 | 韓国映画(タ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

中天 The Restless

中天 중천
監督:チョ・ドンオ
出演:チョン・ウソン、キム・テヒ、ホ・ジュノ

中天自分の身代わりとして死んでしまった恋人(キム・テヒ)を忘れられないイグァク(チョン・ウソン)は、冤鬼(えんき=無実の罪で処刑された人の恨みのこもった霊魂)と戦う武士。彼は冤鬼たちの反乱で現れた結界から、"中天"に入った。霊魂たちが転生を待ちながら49日間とどまる死の世界・中天で、恋人と再会を果たしたイグァク。しかし彼女は記憶を全て無くし、中天を守る"天人"ソファになっていた。中天は、寃鬼たちの反乱の中で危機に瀕して、中天を救うことができる霊体ネックレスを持ったソファは、彼らの標的になる。一方、反乱を起こした寃鬼たちが、現世で兄弟のように過ごした退魔武士の仲間だという事実を知るようになったイグァク。彼は愛するソファを守るために、今は強大な寃鬼になってしまった現世の退魔武士の仲間たちとの、避けられない運命的な対決を繰り広げるようになる…。

The Restless【感想】
やっぱチョン・ウソン、かっこいいですね。「武士 -MUSA-」の印象もあったせいか、立ち回りもよく見えました。しかし、映画としてはちょっと物足りないというか、漫画っぽく感じてしまって残念でしたね。確かに映像はきれいだし、そういう技術が取り入れられているとはいえ、そこに頼りすぎてしまっている印象があります。チョン・ウソンのほか、ホ・ジュノなど立ち回りの上手な人がいるんだから、そういったところをもっと見せて欲しかったように思います。キム・テヒは清楚なイメージですが、見方によるとちょっと怖い感じがしてしまいます。(ファンの方ごめんなさい。)悲しい表情がそうさしてしまうのでしょうね。熱演と言えなくもないですが、彼女は戦わない方に徹するべきでしたね。(遠回しに立ち回りが下手だといっている訳ではありません。)韓国にはファンタジーなものが少ないということで、この映画は期待されたのでしょうが、私としては、ファンタジックなものにこだわらず、もっと普通の映像で見てみたかったと思います。ワイヤーアクションもいいけれど、いい役者さんを使ったら、やはりそこが見所だと思うんですよね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2007/06/04 21:06 | 韓国映画(タ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

天国からのメッセージ Ghost House

幽霊が住む 귀신이 산다
監督:キム・サンジン
出演:チャ・スンウォン、チャン・ソヒ、チャン・ハンソン、ソン・テヨン

天国からのメッセージ“いつか我が家を持ちなさい”。父親のこの遺言を人生の目標に、健気に生きるパク・ピルギ(チャ・スンウォン)。昼間は造船所の技師、夜は運転代行サービスと、10年間懸命に働き続けた彼は、ようやく巨済島の海岸に建つ2階建ての一軒家を手に入れた。しかし、ピルギのこの喜びは長くは続かない。台所から包丁がピルギ目指して飛んできたり、なぜかソファに襲われたりするのだ。この不可解な出来事を信じられないピルギは途方に暮れ、引越し初日にもかかわらず、ホテルで夜を過ごすことになる。思い余って、警察や近所にこの異常現象のことを話してみると、誰もが知っていたその秘密は、“幽霊が棲んでいる”…。耐え切れず家を売りに出すが、見学に来たお客も怪奇現象を目の当たりにするや逃げ出してしまい、家にはひとりの美女(チャン・ソヒ)だけが残った。この美女が幽霊の正体だったのだ。こうして、ピルギは成仏できない彼女の望みを叶えるため奮闘するのだが…。

幽霊が住む【感想】
コメディ映画らしく、前半はただうるさいだけに感じてしまいます。でも後半はそれなりに作られていて、人によっては感動するかもしれませんね。幽霊が出てきますが、ホラー的な感じは一切なくて、逆に怖いはずのシーンもコメディーとしてまとめています。それにしてもこの幽霊のチャン・ソヒ、かわいくてきれいな人でしたね。私なんか幽霊でも逆にずっと居てほしいって思ってしまうくらいです。それにしてもチャ・スンウォンは、やはりこういったコメディーが似合いますね。悪人顔とまではいいませんが、正義の味方って感じでもないし、今回のオチもそんな雰囲気ですよ。それに、見た目よりかもずっと優しいところがいいですね。邦題の「天国からのメッセージ」ってのはちょっと見当はずれな気もしますね。メッセージはあくまでも親父さんの遺言で、それだったら原題通りの「幽霊が住む」のままでもよかったと思うのですが、どうでしょう。何かのきっかけで幽霊が見えるようになるってのも、なかなか面白い発想ですが、チャン班長のチャン・ハンソンもいい味出していましたね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

2007/02/27 23:50 | 韓国映画(タ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ドント・ルック・バック Don't Look Back

私の青春に叫ぶ 내 청춘에게 고함
監督:キム・ヨンナム
出演:チョンヒ編/キム・ヘナ、イ・ハン
   クヌ編/イ・サンウ、ヤン・ウニョン
   イノ編/キム・テウ、ペク・チョンニム、ユ・ハジン

ドント・ルック・バック偶然がつなげる3人の若者の不器用な人生の瞬間や感情を、現在の韓国社会や文化を背景に切なく、生々しく、等身大に描く。キム・ヨンナム監督の長編デビュー作。
『21歳の女子大生チョンヒ』
21歳のチョンヒ(キム・ヘナ)は、演劇と現代舞踊を専攻している学生だが、現在は休学中。貧しいながらも姉と二人で穏やかに過ごしてきた彼女だが、最近は恋人との仲がうまくいっていない。そんな中、自分たちを捨てた父親が突然現れる。その上、姉が貯金をはたいて新しい家を借りるが、詐欺に遭ってしまい…。
『26歳の公衆電話修理人クヌ』
26歳のクヌ(イ・サンウ)は、公衆電話の修理や撤去の仕事をしているが、将来への希望も目標もない。仕事中に他人の電話を盗み聞いていた彼は、偶然ある女性の会話を聞き、彼女に恋をする。そして彼は、彼女の家を訪ねて愛を告白するのだが…。
『30歳をすぎて兵役についた大学院生イノ』
独文科の博士課程在学中に兵役で入隊したイノ(キム・テウ)は現在30歳だ。まもなく兵役を終える彼は最後の休暇をもらい、妻を驚かせようと連絡せずに帰宅するが、思いがけず妻は不在。彼はなぜか、妻が変わったと感じ胸騒ぎを覚える。妻のことや除隊後の身の振りを考えて不安に襲われた彼は、同級生の結婚式で出会った女性と一晩を共にしてしまう。翌日帰宅した彼は率直にその事実を打ち明けるが、妻からは思いがけないことばが返ってくる。

私の青春に叫ぶ【感想】
映画の紹介では、現在の韓国社会や文化を等身大に描かれているとあるが、実際のところは決して等身大とは思えません。特に二番目のクヌ編では、もうこれは犯罪だし、ストーカー行為で逮捕されても仕方ないくらいのものですよね。まあそういうことを言ってしまうと身もフタもありませんから、それぞれの感想を。
『22歳の女子大生チョンヒ』:一番わかりにくく感じましたが、一番あり得そうに思います。いいことは続きませんが、悪いことは不思議と続いてしまうものですよね。でもまだまだ大人になったばかりだし、自分で自立していく過程だから、忘れていることも可能なことですよね。ヒロイン役のキム・ヘナは「逆転の名手」の時の印象が強かったのですが、同じような印象でしたね。
『26歳の公衆電話修理人クヌ』:これはちょっと私には理解できません。何か思い込んでしまうことはあるかもしれませんが、ちょっと恐ろしい気もします。しかしストーカー行為をする人っていうのは、それが普通なんですかね。それが青春といえばあまりにもおかしく思えるし、過ちを振り返れないからこそ人生なのかもしれませんね。彼女役のヤン・ウニョンは、あまり目立たない役が多いですが、「KT」に出ていた彼女ですよね。
『30歳をすぎて兵役についた大学院生イノ』:三話目がストーリーとしては、一番よかったように思います。イノ役のキム・テウは、どことなく頼りない印象を受けるのですが、今回もそんな感じでした。最後、列車の中のシーンで終わりますが、その後どうなったのでしょう。面白いシュチュエーションでしたが、もっと長くするか、短くするか、なんだか中途半端が残念でしたね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

2007/02/17 20:37 | 韓国映画(タ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。