スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ジェイル・ブレーカー Jail Breaker No. 815

ジェイル・ブレーカー(原題:光復節特赦 광복절 특사
監督:キム・サンジン
出演:ソル・ギョング、チャ・スンウォン、ソン・ユナ

ジェイル・ブレーカー【解説とストーリー】
「アタック・ザ・ガス・ステーション!」「新羅の月夜」をヒットさせたキム・サンジン監督の作品。コメディの天才と称されるチャ・スンウォンと、「シルミド/SILMIDO」のソル・ギョングによる、抱腹絶倒のコメディ・アクション。随所に名作映画のパロディーが盛り込まれていて、見どころも笑いのツボも満載の1作となっている。また、韓国で圧倒的な観客動員数を記録するとともに、第23回青龍映画賞をはじめとする多くの賞を受賞した話題作でもある。
パンひとつを盗んで、身元が確実でないという理由だけで監獄に入れられた悔しさから、何度も脱獄を試みたが刑の期間だけが増えたムスク。ある日1本のスプーンを見つけトンネルづくりを6年かけて成功させる。一方まじめで勤勉な模範囚のジェピルは、恋人のキョンスンが面会に来たとき、他の人と結婚すると聞かされショックのあまり脱走を決意する。二人は脱走に成功するが、朝刊を見て自分たちが光復節特赦の名簿に載っていたことを知る。特赦を受けるためには、次の日に予定されている国会議員の刑務所訪問までに、鉄格子の中に戻らなければならない…!

光復節特赦【感想】
「愛を逃す」という映画を見たくなっていろいろ調べていると、ソル・ギョングとソン・ユナの競演。“おっとこれはどこかで見たな”と思ったら光復節特赦。そうだこの映画は結構面白かったからブログに…、ということで今回はジェイル・ブレーカー(光復節特赦)です。以前見たときはソル・ギョングはもっとよく見えた気がしたのに、今回は何となく“あれっ、こんな感じだったかな”と思ってしまいました。「シルミド/SILMIDO」や「力道山」の印象が強くなってしまっているのでしょうか。「愛を逃す」ではソン・ユナとともにどんな演技を見せてくれるのでしょう。楽しみです。チャ・スンウォンはやはりコメディがいいですね。私の中では「拍手するとき発て」と「国境の南側」が待ち受けているのですが、こちらも楽しみです。
内容はコメディですので楽しく見ることができます。所長や国会議員のお偉いさんたちの情けないところなど、うまく風刺しています。この映画の一番のポイントはやはり、脱獄ともう一度鉄格子の中に戻るという、二つの突破劇でしょう。一度抜け出したものをまた戻ろうなんてなかなかのアイデアじゃないですか。それから思うのですが、コメディは脇役が面白いと一層楽しくなりますね。今回はそんな感じです。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2006/08/10 23:23 | 韓国映画(サ)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

ジェイル・ブレーカー

面白そうな映画ですね。
トロ助さんの記事だけからの判断ですが、私はこんな映画が好きです。

No:29 2006/08/14 11:58 | 司元 #- URL編集 ]

暑い日が続きますね。

お盆は帰省していましたので、返事が遅くなってしまいました。
コメントありがとうございます。
次の映画会の候補にでもリストアップしておきましょうかね。
気楽に見れて楽しい映画でした。

No:30 2006/08/16 23:09 | トロ助 #EA9BOhdQ URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。