スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

弓 The Bow

弓 The Bow
公式サイト:http://yumi-movie.net/
監督:キム・ギドク
出演:チョン・ソンファン、ハン・ヨルム、ソ・ジソク

弓【解説とストーリー】
キム・ギドク監督の12作目。船の上に住む老人と少女、そして少女に恋をする青年の三角関係を、監督独特の静かなトーンと強烈な描写で綴った作品。主演は「サマリア」の女子高生役で注目を浴びたハン・ヨルム。そのほか、中堅俳優のチョン・ソンファンが老人役を演じ、ソ・ジソクが青年役としてスクリーンデビューを飾っている。
船の上で暮らす老人と少女がいた。10年前、老人がどこからか連れてきて以来、少女は釣り人を運ぶ船の上から一歩も出ないまま、もうすぐ17才になろうとしていた。それは、老人と少女が結婚する日でもあった。老人は、カレンダーに印を付け、その日を心待ちにしていた。少女に、いたずらする男がいると、老人は弓で威嚇して彼女を守った。その弓を放ってする弓占いは、釣り人に人気だった。老人と少女は、固い信頼で結ばれていた。しかし、釣り人の中に一人の青年が乗った日から、二人の関係は微妙に変わり始める。

The Bow【感想】
この映画「弓」も、キム・ギドク監督の独特な表現の映画でしたね。「春夏秋冬、そして春」でなかなか面白い表現の仕方だなあと思い、「空き家(うつせみ)」では言葉なくして、これほど表現するとはと感動すらしましたが、それが三本目ともなると、ちょっと飽きてしまう印象は否めないのではないでしょうか。しかしその分、役者の演技力が問われますね。今回のチョン・ソンファン、ハン・ヨルムともに好演していたと思います。特にハン・ヨルム(以前は本名のソ・ミンジョンで出演していたと思いますが)は、よかったと思います。意味深な笑顔と、怒った時の鋭い目つき、とても印象的でした。
しかしこの映画で監督は人の欲望を描きたかったのでしょうが、言い換えればこの映画は犯罪映画で、普通ではない状況の映画ですよね。美しい音楽とともに進行していくストーリーは、愛の映画だと思えばとてもきれいですが、どうしても私にはそうは感じられませんでした。一歩間違えばという状況ではなく、既に間違った状況を描いているのが特徴なのでしょう。そういう状況に共感できる人、できない人で言えば、私は共感できませんでした。でもそれはたぶん普通であり、決して監督の作品を非難しているのではありません。
しかし、人の欲望は人それぞれ違いますが、周りから見ればおかしなことも、本人にしてみれば真剣そのものなんですね。良いとか悪いとかの判断がつかなくなってしまうのが、人の欲望なのでしょう。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2006/07/25 17:51 | 韓国映画(マ・ヤ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。