スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

幻の光

幻の光幻の光
ちょっと前に見た映画ですが、印象に残っていたので書いてみようと思います。
++++++++++++++++++++
製作:1995年
監督:是枝裕和
出演:江角マキコ、内藤剛志、浅野忠信、柏山剛毅、渡辺奈臣
【ストーリー】
“生と死"“喪失と再生"をテーマに、宮本輝の告白体の同名小説を映画化した人間ドラマ。
ゆみ子が12歳の時、ゆみ子の祖母が失踪した。以来、ゆみ子は自分が祖母を引き止められなかったことを深く悔やんでいた。ゆみ子は25歳になって間もなく、祖母の生まれ変わりのように目の前に現れた郁夫と結婚するが、祖母の失踪はトラウマとなって今もゆみ子を苦しめている。しかし、郁夫との間に息子の勇一も生まれ、ゆみ子は幸せな日々を送っていたが、ある日、郁夫は自転車の鍵だけを残して列車に飛び込み、命を絶った。ゆみ子は祖母に続いて郁夫と、大事な人を次々と見送ってしまったと途方に暮れる。5年後、ゆみ子は日本海に面した奥能登の小さな村に住む民雄と再婚した…。
【感想】
原作を読んでいないので小説とどう違うかはわかりませんが、この映画は彼女ゆみ子の生きていく日常と心の葛藤が、巧く表現できている映画だと思いました。
映画では日々の生活がただ淡々と描かれていように感じられますが、見ている私も子供の頃から現在までをタイムスリップしたような感覚で鑑賞することが出来ました。
もし自分だったらどうするだろうか、私は田舎がある身なので、ひょっとしたらそういう状態になる可能性もあるし、劇中の思いで言うならば、なぜって言う彼女の思いに、どう答えればいいのか戸惑ってしまうけど…。でも「悲しい終わり方でなくて本当によかったっ」と思うのは私だけでしょうか? 日々の自分を振り返ってみるのにはスゴくよかった映画のように思いました。

スポンサーサイト

2005/10/28 21:21 | 邦画COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。