スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

かつら The Wig

かつら 가발
監督:ウォン・シンヨン
出演:チェ・ミンソ、ユソン

かつら The Wig【解説とストーリー】
主演は「亡国のイージス」で日本映画にも進出を果たしたチェ・ミンソ、「4人の食卓」ですでにホラー映画の経験をもつユソン、「劇場前」のムンス。チェ・ミンソは髪の毛を剃って、スヒョン役に挑戦し、その熱演ぶりから、韓国のインターネット・アンケート調査で、2005年最高のホラー・クイーンにも選ばれており、本作の彼女の演技は一見の価値あり。またユソンは、事故のために声を失いながらも身を挺して妹を守ろうとする姉を、せりふに依らない演技で好演。彼女たちの熱演により、本作は単なるホラー映画でなく、姉妹愛がていねいに描かれたドラマ性も高い作品となっている。
抗がん剤治療のために髪の毛を失ってしまったスヒョン(チェ・ミンソ)は、退院祝いに姉のジヒョン(ユソン)から、かつらをプレゼントされる。かつらをかぶるようになってから、血の気のなかったスヒョンの顔は、見違えるように生気を得ていき、がん細胞も目立って減少する。スヒョンはさらに、魅力的な女性へと変化を遂げ、姉に対しても女性として挑戦的な態度を示すようになる。まさに別人になってしまったようなスヒョンの変化に、不安を感じるジヒョン。そんなある日、二人の目の前で、かつらをかぶった女子高生が無残な死を遂げる。かつらの髪の毛に締め付けられ、スヒョンを睨みつけながら死んだ女子高生…しかし、その姿はスヒョンの目にしか見えない。そしてついに、二人にもかつらの呪いが近づいて来る。ジヒョンはスヒョンの振る舞いに恐怖を感じながらも、命がけで妹を守ろうとするのだが……。(YesAsiaより)

かつら【感想】
前回の「赤い靴」は、靴に取り憑かれ、この「かつら」はカツラに取り憑かれてしまう映画で、基本的には同じ映画のように思いました。ただ、人の髪ってのは妙に怖かったりして、映画そのものはこっちの方がずっと怖かったです。カツラってのは、その人の一部分であり、その人の記憶を持っているってのが、納得させるのでしょうかね。私なんかは長い髪の毛を見ただけで何となく気味が悪く思ってしまうのですが、もうそれが動いたりしたら、とても我慢ができません。
この映画はホラー映画というよりも、姉妹の愛情を描いた映画だと思えば、とてもいい映画のように思いますが、どうでしょう。髪の毛を剃って演じたチェ・ミンソもよかったですが、姉役のユソンもよかったですね。しゃべらないって役所は難しいと思うのですが、表情だけでも十分に伝わってきました。
昨年は韓国のホラー映画は充実していたように思いますので、次もその辺りを見てみようと思います。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2006/07/08 23:56 | 韓国映画(カ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。