スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

運命じゃない人

運命じゃない人
映画「運命じゃない人」公式サイト
監督:内田けんじ
出演:中村靖日、霧島れいか、山中聡、山下規介、板谷由夏

運命じゃない人【解説とストーリー】
2005 年のカンヌ国際映画祭で批評家週間に正式出品され評判を呼んだ異色のサスペンス・ラブ・コメディ。PFFアワード2002で入選を果たした内田けんじ監督の長編デビュー作。人のいい主人公の青年が、思いがけない事件に巻き込まれていく一晩の物語を、主人公とそれを取り巻く複数の人物の視点を絡め、巧みな構成で描き出していく。
典型的なお人好しの冴えないサラリーマン宮田武は、結婚を前提にマンションを購入した矢先、肝心の恋人あゆみに突然去られてしまう。ある晩彼は、親友で私立探偵の神田に呼び出され、とあるレストランへと向かう。神田はいつまでも前の彼女を忘れられない宮田を叱咤すると、その場で宮田のためにと女の子をナンパしてみせる。一人で食事していたその女、真紀はちょうど彼氏にフラれて今夜の泊まる家もなく途方に暮れているところだった。そこで宮田は自分の家に泊まるようすすめ、2人で帰宅するが、そこへ行方知れずだったあゆみが戻ってきた…。(映画データベースより)

運命じゃない人【感想】
なかなか面白い映画でした。タイトルを見たときに、「生きない」というパロディの映画を連想してしまいました。そしてこれはラブコメかななんて思って見始めたのですが、よく構成されている映画でしたね。サスペンスタッチの中にもは“やりこれはコメディーなんだ”と思わせてくれるのですが、話が一つ一つ解き明かされて行くに連れて、タイトルの「運命じゃない人」ってのは、一体どこに行っちゃったの?…、って思いながら、何も知らないお人好しな主人公の彼の運命の人はやっぱり“この星で一人じゃ生きて行けない女”の彼女だったのかな? と思いました。
この映画の一番すごいところは、5人の登場人物をそれぞれに合った描き方をしているところだと思います。平凡に生きる主人公の彼と彼女、人の弱みを探す探偵、男を騙す女詐欺師、そして抜け目の無いヤクザ。一人寂しい彼女も一旦はお金に目がくらんでしまうも、やはり一人じゃないことを選ぶ人間くささがラストにつながっているように思います。“えっ、これがラスト”と思った後にそういう思いが感じられました。所詮探偵も詐欺師もヤクザには勝てませんでしたが、普通の人間だったら勝てるかもしれない、そんな些細な希望を抱かさせてくれる構成にも拍手って感じでしたね。
運命の人、運命じゃない人ってのは結局、関わり続ければそれは運命の人だし、関わりを断った時点でそれは運命じゃなくなるんだなと思わせてくれる、そんな映画でした。
そして自分の人生も振り返ってみましょう。生まれてから今までどれだけの人と関わって、どれだけの人と付き合いが遠のいたか…。それもやっぱり運命、あるいは運命じゃなかったのでしょう。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2006/06/04 20:28 | 邦画COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。