スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

肝っ玉家族 A Bold Family

肝っ玉家族 A Bold Family (간 큰 가족)
監督:チョ・ミョンナム
出演:カム・ウソン、キム・スロ、シン・グ、
   キム・スミ、ソン・ジル、シニ、イ・カニ

A Bold Family【解説とストーリー】
「情愛」「スパイダー・フォレスト 懺悔」のカム・ウソン、「火山高」「達磨よ、遊ぼう」のキム・スロ、「B型の彼氏」のシニ、ベテラン俳優のシン・グら出演によるファミリー・コメディー。監督は、この作品が第1作目のチョ・ミンナム。南北の統一を願う父と、その家族の姿をコミカルに描いたこの作品は、初めて38度線以北で撮影が行われた韓国映画として話題を呼んだ。
南北分断で生き別れた妻との再会を心から願うキム・ノイン(シン・グ)。彼は、数十年連れ添った今の妻にさえ、北に残してきた先妻の話ばかりしている。いつものように北朝鮮住民接触申請書を提出しに行った彼は、その帰りに階段から転落し、病院に担ぎ込まれる羽目に。あわててかけつけた家族たちは、そこでノインが末期の肝臓ガンであることを知らされる。しかし、驚きはそれだけではなかった。なんと、彼には50億ウォンの遺産があるというのだ!しかも、その遺産はすべて南北統一のために寄付するという。それを知った息子たちは、父に南北統一が実現したと思い込ませて遺産を手に入れようとする。(yesasiaより)

肝っ玉家族【感想】
最初、この映画のストーリーを読んだ時は“これは笑えるだろう”と思っていたのですが、実際見てみるとそれほど笑える映画ではありませんでした。大胆な家族確かに前半はそれなりに楽しませてくれますが、後半は逆にいろんなことを考えさせてくれます。国は違っても家族の絆はどこの国も一緒だから、この内容をコメディーにしてしまってもいいのか、逆にコメディーだから許されるのか…。笑いを取るのか、涙を誘うのか、どちらかにしてほしかった気がします。中途半端さがとても残念に思いますが、あまり難しく考えない方がいいのかもしれませんね。
コメディーとしてはキム・スロ、シニの二人がまた大げさな演技で笑わせてくれますが、父親役のシン・グがはやりよかったのだと思います。ちょっとニヤッとした顔が印象的ですね。キャスティングを見るとすばらしいメンバーですので、やはり中途半端さが残念ですね。(しつこくてごめんなさい…。)

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2006/05/21 16:33 | 韓国映画(カ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。