スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

オーロラ姫 Princess Aurora

オーロラ姫 오로라 공주
監督:パン・ウンジン
出演:オム・ジョンファ、ムン・ソングン、クォン・オジュン

オーロラ姫【解説とストーリー】
女優として知られているパン・ウンジンの監督デビュー作。主演は、「シングルス」「どこかで誰かに何かが起こると必ず現れるホン班長」などに出演し、歌手だけでなく女優としての地位も確立したオム・ジョンファ。オム・ジョンファは脚本を読んで本作への出演を切望。彼女とパン監督の女性二人がコンビを組んで作った意欲作であり、犯行の動機にも女性の悲しみが深くにじみ出ている。共演は、「嫉妬は私の力」「グリーンフィッシュ」のムン・ソングン。
高級デパートのトイレで子供を虐待していた女性が刺殺される。次は美容マッサージを受けていた高級ブティックのオーナーが、そして焼肉店の息子へと殺人は続いていく。これらの死体のそばには、“いつもオーロラ姫”のステッカーが貼り付けられていた。事件を担当したオ刑事(ムン・ソングン)は、現場のセキュリティカメラを通して「私を探してみて」というメッセージを残したチョン・スンジョン(オム・ジョンファ)を犯人とみて捜査を行うが、彼女と被害者を結びつけるものも、被害者の共通性も見つけることができない。捜査が難航する中、さまざまな手口で残酷な殺人が繰り返されてゆく…。

Princess Aurora【感想】
この映画はとても印象に残る映画のように思います。内容的に感動する訳ではないし、でも共感できます。もちろん殺人はよくないことですが、人の気持ちとして納得できる映画ということです。殺人者を応援すると言うよりも、悪いやつは許せない!!ってことですね。
最初の殺人シーンでいきなり異常とも思える光景が飛び込んできます。それもストーリーが展開していくと何れわかるのですが、全体の構成もよくできていたように思います。もし二回見れば二回目の、三回見れば三回目の新しい発見がある、そういう作りの映画のように思います。それとやはり監督が女性であることが大きいように思います。
主演のオム・ジョンファは今回、冷酷なキャラクターを演じていますが、冷酷な中にも彼女のもつ本来のキュートさがスクリーンから伝わってきます。彼女くらいの年齢の人をキュートと表現すれば反論もあるでしょうし、まして今回のような役の場合は表現が適切でないかもしれません。でも彼女は最近年をとってないんじゃないのって感じですね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑やっぱり映画っていいなと思っている方は、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2006/05/04 11:58 | 韓国映画(ア)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。