スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

少年、天国へ行く Boy Goes To Heaven

少年、天国へ行く 소년 천국에 가다
監督:ユン・テヨン
出演:ヨム・ジョンア、パク・ヘイル、オ・グァンノク、チョ・ミンス

少年、天国へ行く【解説とストーリー】
予定より80年も早く天国へ行ってしまった少年が、33歳の大人として下界に戻されるというファンタジー・ロマンス映画。主人公のネモを演じるのは「殺人の追憶」「初恋のアルバム~人魚姫のいた島~」などで知られる若手実力派、パク・へイル。ネモが恋するシングルマザーを演じるのは、「箪笥」のヨム・ジョンア。
母の手ひとつで育てられた13歳の少年ネモは、シングル・マザーと結婚するという夢を持っている。ある日、愛する母が急死し、彼女が営んでいた時計店は漫画喫茶になってしまう。その店は、幼い息子ギチョルを抱えてソウルからやって来たシングル・マザーのプジャが営んでいた。ネモは、プジャが自分の運命の相手だと勝手に思い込む。そしてネモはプジャ、ギチョルと共に映画を観に行くが、その映画館で火事が発生。ネモはギチョルを助け出そうと燃え盛る炎の中に飛び込んでゆく。ギチョルは無事救出されたものの、ネモは行方不明となってしまう。美しい森の中で目覚めたネモ。彼はどうやら、予定より80年も早く天国に来てしまったらしい。もう生き返れないと知った彼は天使と取り引きをし、1日を1年として地上に戻してもらうことになる。20日後、家で目覚めたネモは33歳のおとなになっていた。彼に残された時間はあと60日。ネモはその時間を、全てプジャへの愛に捧げようと決心する…。(yesasiaより)

少年、天国へ行く【感想】
子役の사투리(サトゥリ:訛り)が気になって…。舞台となったところはどこなのでしょう。で、その子役のネモがとても生意気に見えておかしいのですが、そのまま33歳のおっちゃんになったら、これがまたおかしいのです。大人びた少年と、子供の青年と、なかなか上手に描かれていたように思います。初めは見ていてとても違和感を感じましたが、よく考えてみれば、外見と頭の中は釣り合わないのが当然だから、その違和感こそがこの映画のミソなんですよね。
パク・へイル演じるネモは33歳という設定より若く見えますが、それも子供の青年って感じで面白かったです。何かヒーロー者の仮面(よくわかりませんがテッコンV?)を付けてブジャを助けようとするシーンなどは思わずニヤッとしてしまいます。パク・へイルは変わり者の青年にぴったりでしたね。はまっていたと思います。
ブジャ役のヨム・ジョンアは、年齢的なものもあるかもしれませんが、子供と一緒の映画が似合うようになりましたね。「サッド・ムービー」や「女先生 VS 女弟子」の時もよかったですが、今回もなかなかいい味を出しています。
少年の頃のネモのキム・グァヌ、トゥブのホン・スヨンと二人の子役もなかなかの演技でした。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑やっぱり映画っていいなと思っている方は、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2006/04/22 14:18 | 韓国映画(サ)COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

 トロ助さん、こんばんは。
相変わらず精力的に映画をご覧になっていますね。この映画も、かなり面白そうですね!是非観てみようと思います。
 私は先週から今週にかけて、ソウルに6泊7日の旅行に行って来ました。最後の2日は飽きてしまって、ホテルに閉じこもってテレビばかり観ていましたが、日本に帰ってから、気がついた事がありました。
 いつも車で聞いている韓国の歌の歌詞が、ただの音としてではなく、ちゃんと意味も聞き取れるようになってきているんです。少しずつですけど。
 韓国語漬けになるって、重要なんですね。 今後は持っているDVDを、字幕無しで毎日観るようにしてみようと思います。
 またその時にホテルで観た映画で、邦題「魚と寝る女」は、なかなか印象に残りました。通販か、大久保のコリアプラザにでも、買いに行ってみようかと思います。

No:23 2006/04/23 03:14 | のり #DdiHOXp. URL [ 編集 ]

いつもありがとうございます。

ソウルに行って来たんですか、いいですね。最後の2日は飽きてしまったなんて、もったいない…。
のりさんも韓国語の勉強を頑張っているみたいですね。お互いに頑張りましょう。
映画「魚と寝る女」は、確かに印象に残る映画ですね。言葉少なで、映像で訴えかけてくるという感じですよね。特に最後のシーンはキム・キドク監督独特の映像のように思いました。

No:24 2006/04/23 16:33 | トロ助 #EA9BOhdQ URL編集 ]

訪問、ありがとうございました。
トロ助さんも韓国映画にはまっておられるようで
すごい親近感覚えますね~~~^^
韓国で新作見たいんですが、なかなか最近はいけなくて・・・
これからちょくちょく遊びに来させてもらいます。

No:25 2006/04/23 22:30 | ちゃ~ #- URL編集 ]

ちゃ~さん、コメントありがとうございます。
私もお邪魔させて頂くと思いますので、よろしくネ。

No:26 2006/04/24 23:47 | トロ助 #EA9BOhdQ URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。