スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

野獣と美女 The Beast And The Beauty

野獣と美女 야수와미녀
監督:イ・ギェビョク
出演:リュ・スンボム、シン・ミナ、キム・ガンウ

野獣と美女【解説とストーリー】
コミカルな持ち味とパワフルな演技で、若手俳優の中でも飛びぬけた存在感を示しているリュ・スンボム(「クライング・フィスト」「ARAHAN アラハン」)と、明るくチャーミングなイメージで人気の高いシン・ミナ(「甘い人生」)のコンビによるラブコメディ。「台風太陽」で注目されたキム・ガンウも出演している。
怪物の声専門のアニメ声優ドンゴン(リュ・スンボム)には、目の不自由な恋人ヘジュ(シン・ミナ)がいる。自分の容姿に自信のないドンゴンは、高校の同窓生でイケメンのジュナ(キム・ガンウ)の容姿を、自分のルックスとしてヘジュに説明していた。そんなある日、ヘジュが手術を受けて目が見えるようになる。嘘がばれることを恐れたドンゴンは、病院のヘジュを見舞った時に、自分はドンゴンの友人だと言ってしまう。さらに、ヘジュがドンゴンに会いたい一心で彼の家を訪ねて来た時も、「ドンゴンは仕事でハワイに行った」と大嘘をつく。そんなドンゴンにさらなる試練が訪れる。彼がヘジュに自身の容姿として説明をしていたジュナが偶然ヘジュと出会い、彼女に一目惚れしてしまったのだ。イケメンで、しかも検事という手強いジュナの出現にドンゴンは狼狽し、本当にハワイへ旅立とうとするのだが…。(yesasiaより)

野獣と美女【感想】
「野獣と美女」というタイトルですぐに思いついたのが「美女と野獣」。やっぱりひっくり返さないといけないの? などと思ってしまう(w)。久しぶりにラブコメだと期待も大きかったのですが、いつもいうように期待して見るとちょっとね…。悪くはないんだけど、何だか全体的にうるさい感じを受けてしまいました。それから野獣(ドンゴン)の優しさをもっと描いてくれれば、最後はもっと感動的だったように思います。タイトル通りの野獣がストーカーに見えてしまったり、最初は面白かったギャグもだんだんしらけてきてしまって、でも、ヘジュが空港で強引に突破しようとするシーンはなかなかの傑作でしたね。ドンゴンは誰よりもヘジュのことが好きなのに、ジュナのヘジュへの思いをまっすぐに描かれていたのは、最後のシーンへの伏線だったのでしょうが、山あり谷ありといったシーンが、主人公二人の離れたところで描かれていたのには、正直少し不満が残ります。
しかしシン・ミナの笑顔は最高ですね。笑った顔が素敵な女優さんはとても好きです。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑やっぱり映画っていいなと思っている方は、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2006/04/11 13:40 | 韓国映画(マ・ヤ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。