スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

花咲く春が来れば When Spring Comes

花咲く春が来れば 꽃피는 보이 오면
監督:リュ・ジャンハ
出演:チェ・ミンシク、キム・ホジョン、チャン・シニョン、
   ユン・ヨジョン、キム・ヨンオク、イ・ジェウン

花咲く春が来れば【解説とストーリー】
チェ・ミンシク主演による感動ドラマ。夢破れて目的を失った中年男性が、赴任した炭鉱町で出会った人々と交流を通じて人間的に成長していく姿を、優しく丁寧なタッチで綴ってゆく。監督は「八月のクリスマス」「春の日は過ぎゆく」で助監督を務め、これが監督デビューのリュ・ジャンハ。
主婦たちを相手に市民講座でクラシック音楽を指導しているイ・ヒョヌは、トランペッターとして交響楽団のメンバーになる夢を持っていたがそれもかなわず、恋人のヨニとも別れてしまう。ソウルの古びた一軒家から、ヒョヌと母親はマンションに引っ越す。何かと心配し小言をいう母親をつい煙たがってしまうヒョヌは、江原道の小さな炭鉱町道渓(トゲ)にある中学校の臨時教員を募集していることを知り、吹奏楽部を指導することになる。かつては全国大会で入賞したこともあった吹奏楽部だが、町の衰退と共に部員も減り運営の資金繰りは厳しく、音楽コンクールで入賞しなければ、廃部になってしまのだ。生徒たちの音楽への情熱を感じ取ったヒョヌは、全員で不可能とも思える夢に挑戦することを決心する…。

花咲く春が来れば【感想】
心温まるいい映画です。ヒョヌが江原道の小さな街で一人暮らすようになり、いろんな人たちと出会います。その出会ったひとり一人それぞれいろんな事情があり、そのふれあいが実に細かく表現されているように思いました。たとえかなわぬ夢でも一人で生きているんじゃないんだと心から思います。もちろん世の中優しい人ばかりじゃありませんが、この映画ではそういう人は一人も出てきません。辛くても頑張るし、人に対して優しい心を持っているなと感じさせてくれます。特に家族の関係は、普段なにげなしに暮らしていると忘れがちな気持ちを呼び起こしてくれる気がします。
出演者全員に暖かみを感じ、とてもいい雰囲気をだしていますが、また今回も子役でイ・ジェウン君がいい演技をしています。
しかし、一体いつになったら私に“花咲く春”が来るのでしょうか? 頑張りましょう。(w)

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑やっぱり映画っていいなと思っている方は、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2006/03/22 00:42 | 韓国映画(ハ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。