スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

家門の危機 - 家門の栄光 2 (Marrying the Mafia 2)

家門の危機 - 家門の栄光2 가문의 위기-가문의 영광2
監督:チョン・ヨンギ
出演:シン・ヒョンジュン、キム・ウォニ、キム・スミ、
   タク・チェフン、イム・ヒョンジュン、コン・ヒョンジン

家門の危機【解説とストーリー】
2002年に観客動員530万人を突破した大ヒットコメディ「大変な結婚(原題:家門の栄光)」の第2弾。ヤクザ一家の跡取り息子が検事を嫁に迎えようとするのだから、さあ大変。「ガン&トークス」のシン・ヒョンジュンが、話題を呼んだドラマ「天国の階段」のシリアスなイメージとは全く異なる、超コミカルな演技を披露している。そのほか、コミカルな演技に定評のあるキム・ウォニ(「ウララ・シスターズ」)やキム・スミ(「麻婆島」)らが集結し、強烈な爆笑コメディに仕上がっている。また、「大変な結婚」のチョン・ジュノもカメオ出演している。
ヤクザの名家:百虎派の女親分ホン・ドクチャ(キム・スミ)は、家門の体質改善のため、3人の息子に「自分の還暦までにエリートの嫁を連れて来い」と命令する。中でも跡取りである長男インジェ(シン・ヒョンジュン)の結婚はドクチャの最大の気掛かり。実は、インジェは初恋の女性を事故で失って以来、女性に関心を示さなくなっていたのだ。そんな彼も、初恋の女性に瓜二つのジンギョン(キム・ウォニ)に出会い一目で恋に落ちる。しかし、彼女はヤクザを相手に日々闘っているソウル地検凶悪犯罪部の検事だった。果たして、彼らは結婚することができるのか…。(yesasiaより)

家門の栄光2【感想】
前作の「大変な結婚(原題:家門の栄光)」はコメディーというよりラブストーリーを重点的に描かれていましたが、今回はラブストーリーもあるけれど、コメディー色満載です。笑いの要素を随所に散りばめていて、飽きることなく見ることができるし、それぞれの俳優さんの持ち味が発揮されている映画のように思います。前作を知らなくても十分に楽しめる映画ですが、やはり前の映画を見ておくと、より一層楽しめることは間違いなしです。
私はこの映画でシン・ヒョンジュンに対するイメージが一変しました。正直それまであまり好きな俳優さんではなかったのですが、今回は好印象を受けました。かっこいいけど、面白い、そんなところがいいですね。そしてホン・ドクチャ役のキム・スミは、さすがに迫力あります。先日書いた「ミスター主夫クイズ王」でもいいオモニでしたね。キム・ウォニもめちゃかわいかったし、こういう映画には欠かせないコン・ヒョンジンももちろんですが、シニがまたまた独特な演技を披露してくれています。「B型の彼氏」の時にも書きましたが、そういう演技が彼女の中で確立しているのかもしれませんね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑やっぱり映画っていいなと思っている方は、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2006/03/21 18:06 | 韓国映画(カ)COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

トロ助さん、こんばんは。実はついこの前「大変な結婚」を観たんです。この第2段も面白そうですね。日本語字幕版が出たら、是非観てみようと思います。ここを読んで「ぼくらの落第先生」も観たんです。ずっと手に取っては迷ってた作品だったのですが、面白かったです。
僕のブログは、トロ助さんのような、ちゃんとしたものではないので恥ずかしいですが、URLを残していきます。
今は3回目になりますが「シウォレ(イルマーレ)」を観ています。

No:20 2006/03/22 01:14 | のり #- URL編集 ]

のりさん、ありがとうございます。

「ぼくらの落第先生」よかったですよね。ストーリーは単純でも素直に感じ取れる映画が、私は好きですね。
イルマーレもまたいつか感想を書くつもりです。

No:21 2006/03/22 23:15 | トロ助 #EA9BOhdQ URL編集 ]

イルマーレの感想待っています。チョン・ドヨンの域まではまだかも知れませんが、チョン・ジヒョンも目立つルックスで誤解されがちですが、自分の演技力に常に疑問を持ち、さらに上を目指すタイプの女優さんだと思っています。個人的には将来にとても期待を持てる女優さんだと思っているだけに、トロ助さんの冷静な分析も楽しみです。

No:22 2006/03/24 00:27 | のり #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。