スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

私の結婚遠征記

私の結婚遠征記 나의 결혼원정기
監督:ファン・ビョングク
出演:チョン・ジェヨン、スエ、ユ・ジュンサン

私の結婚遠征記【解説とストーリー】
農村に暮らす独身男性が、花嫁探しにウズベキスタンまで出かけていく姿をコミカルに描いたヒューマン・ドラマ。出演は「小さな恋のステップ」のチョン・ジェヨン、「家族」のスエ、「ショー・ショー・ショー」のユ・ジュンサン。
農家の息子マンテク(チョン・ジェヨン)は38歳になるが、女性の顔をまともに見ることもできないウブな男で未だに独身だ。幼なじみのフィチョル(ユ・ジュンサン)は、マンテクと対照的な性格で、調子の良い奴なのだがやはり女性には縁がなく、マンテクと同じ独身だ。そんなある日マンテクの祖父が近所でウズベキスタンからやって来た花嫁を見かけ、祖父にウズベキスタンでのお見合いを勧めらる。そしてマンテクとフィチョルは、花嫁を求めてウズベキスタンへと旅立つことになった。ウズベキスタンに到着したマンテクは、早速お見合いを始めるものの、緊張のために失敗の連続。お見合い業者スタッフの担当通訳官でカップルマネジャーのララ(スエ)は、マンテクにウズベキスタンの挨拶の言葉から見合いのマナーまでを、一生懸命教えるのだが…。

My Wedding Campaign【感想】
なかなか面白い映画でした。舞台となるウズベキスタンは、正直どんな国なのかはよくわかりませんが、映画の舞台としての雰囲気がありましたね。町並みやパレードなど…。ウズベキスタンが、正直どんな国なのかわからないというのは恥ずかしながら本当で、私が子供の頃はその辺りの国々はみんなソビエト連邦の共和国でしたから、どのような生活様式で、どんな暮らしぶりなのか詳しくわかりません。ちょっと話がそれてしまいました。
で、「知り合いの女(小さな恋のステップ)」の時にも似たようなことを書いたと思うのですが、チョン・ジェヨンは「シルミド」の硬派なイメージの役柄とは違い、とても親しみを感じる役でしたね。田舎の純朴な男性を好演していて、逆にそこまでかっこわるくならんでもいいのにと思ってしまうくらい熱演しています。幼なじみ役のユ・ジュンサンのヤクザ風パーマ頭もおかしかったですね。そしてララ役のスエ、もう最高です。以前「家族」という映画でなかなか良いなと思っていたのですが(その感想は別の機会に必ず書きます)、今回もグッときてしまいました。ちょっと陰のある役柄とか、そんな雰囲気が私にはたまらなく魅力的に思えてなりません。またお気に入りの役者さんが増えてしまったって感じてす。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ますます韓国映画が面白くなってきたなと思っている方は、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2006/03/08 00:10 | 韓国映画(ラ・ワ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。