スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

私の生涯で最も美しい一週間

私の生涯で最も美しい一週間 내생애 가장 아름다운 일주일
監督:ミン・ギュドン
出演:オム・ジョンファ、ファン・ジョンミン、イム・チャンジョン 他
私の生涯で最も美しい一週間
【解説とストーリー】
 「少女たちの遺言」でデビューしたミン・ギュドン監督の第2作目。カップルたちのストーリーをそれぞれ進行させつつ、登場人物を互いに交流させてクライマックスを迎えるという構成の巧みさも注目され、監督の手腕が高く評価された。また演技派の俳優が一堂に会したことも話題になった。
 TVの討論番組で激論を交わし、それが出会いのきっかけとなった勝気な精神科医ユジョン(オム・ジョンファ)と、タフだけど女性には弱いナ刑事(ファン・ジョンミン)。どんなに苦しくても新婚生活は甘くなければならないと信じて、地下鉄で物を売りながら生計を立てている、チョンス(イム・チャンジョン)とその妻ソンエ(ソ・ヨンヒ)。ある日突然幼い女の子から「パパ」と呼ばれ、不治の病にかかった初恋の人の娘(キム・ユジョン)と、その父親役を演じなければならない元バスケットボール選手ソンウォン(キム・スロ)。オードリー・ヘプバーンの面影をもつ女性に愛を伝えたいと願う初老の劇場主カク会長。アイドル歌手のチョンフンに心を奪われている見習い修道女のスギョン。頑固で友人を死に追いやった冷静な事業家と、唯一彼を理解してくれる男性家政婦の話。一週間という限定された時間の中で一番輝ける恋愛をする多重ストーリー、彼らの美しい愛の物語を綴る…。

私の生涯で最も美しい一週間【感想】
オムニバスをそれぞれ同時に進行させ、ちょっとずつ関連を持たせている構成になっている映画です。が、それぞれの物語は、こんなに複雑に絡めなくてもよかったんじゃないかと思います。一つ一つをもっと深く表現していけば、それで立派な短編ができそうにも思うのですが、どうでしょう。構成の巧さが逆に内容をちょっと足らないものにしてしまったように思えて残念です。これだけの俳優さんたちが出演していて、皆それぞれが主人公しちゃってますから、見ているこちらはオロオロしちゃいます(w)。
ですがやはり出演している俳優さんたちは、皆すばらしい演技でした。特にキム・スロはちょっと今までと違った印象を受けました。“優しいお父さんも似合うなー”なんてね。それから麻婆島(マパド)に出ていたソ・ヨンヒもよかったように思います。
最後はみなそれぞれにホッとする終わり方ですので、盛りだくさんが好きな方には超おすすめの映画になるかもしれませんね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ラブストーリーが好きって方は、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2006/03/01 22:08 | 韓国映画(ラ・ワ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。