スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

豚が井戸に落ちた日

以前からこの映画の題名が気になって、とても見たいと思っていました。
題名からすると相当面白そうな印象を受けたのですが…。

豚が井戸に落ちた日
The Day a Pig Fell into a Well

돼지가 우물에 빠진 날
【解説とストーリー】
大都会・ソウルの片隅で生きる4人の男女の殺伐たる生き様を抑制のきいたタッチで描いたシリアス・ドラマ。監督は、米国の大学で映画を学び、テレビのドキュメンタリー『作家と話題作』(日本未放映)で注目された新人のホン・サンスで、本作がデビュー作。脚本はク・ヒョソの原作を基に、設定部分のみ借用して4人の脚本家とホンが執筆。製作はイ・ウソク、撮影はチョ・トングァン、音楽はオク・キルスン、美術はチョ・ユンサム、編集はパク・コクチ、衣裳はクオン・ジョンヒョン。出演は韓国の社会派演劇で活躍するキム・ウィソン、「外人球団」などの人気女優イ・ウンギョン、『コクチタン』(日本未公開)のパク・ジンシン、新進女優のチョ・ウンスク。(goo 映画より)
立派な小説のひとつも出版できない30歳代の三流小説家キム・ヒョソプは、ポギョンという名の人妻と愛に陥っている。しかし、ヒョソプには、彼を尊敬し小説家の妻を夢見て何かと尽くすミンジェという女の子がいる。ポギョンの夫ドンウは、平凡なサラリーマン。小心者ながら潔癖症のドンウは、常に出先で妻のことが心配になる。ミンジェが切符売りをする映画館の職員ミンスは、彼女に片思いをしているが、その執着は異常だ。(輝国山人のホームページより)
【感想】
豚が井戸に落ちた日って、すごいタイトルですよね。
見終わった後、何だかちょっと前に同じ印象の映画を見たような気がして調べてみると、「おぉ!スジョン」とか「劇場前」とかの監督さんだったんですね。他にも「江原道の力」「気まぐれな唇」「女は男の未来だ」などがあり、いずれも鑑賞済みだったのには自分でも驚いた。また別の機会にそれぞれの感想は書くとして、(いや、同じ感想になってしまいそうなので、書かないかも…。)劇場前とほとんど同じ印象を受けた。この監督の一作目を最後に鑑賞するというのも何だか皮肉な話ですが、先に劇場前を見ていたのは正解かもしれません。
この映画は韓国国内はもちろん、世界の映画祭で紹介され絶賛されたそうだが、どうも私にはしっくりこない映画のように感じました。ブログに感想を載せるときには、できるだけその映画のいいところを見つけて書こうとしているのですが(評価を得ている映画には厳しくなってしまうのかも知れませんが)、どういう感想を書いたらいいのか、ちょっと困ってしまいました。なぜこの映画のタイトルが「豚が井戸に落ちた日」なのか、それすらうまく理解ができません。
一ついいところを挙げるとすれば、ソン・ガンホのデビュー作ってことですかね。
何だかおかしな感想になってしまって、ごめんなさい。少しは反省しますので、お許しを…。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑よくないと思っても、また次ぎ見てしまうかも…って方は、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2006/01/31 21:19 | 韓国映画(ハ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。