スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

父と暮せば

父と暮せば
オフィシャルページ:http://www.pal-ep.com/father/index.html
父と暮せば
監督:黒木和雄
出演:宮沢りえ、原田芳雄、浅野忠信
【解説とストーリー】
いかなる悲惨さの中でも変わらぬ人間の尊厳を市井の名もなき父娘に託して、現代日本を代表する作家・井上ひさしが描く傑作戯曲「父と暮せば」の映画化。広島の原爆投下から3年、生き残った後ろめたさから幸せになることを拒否し、苦悩の日々を送る主人公・美津江。父・竹造に励まされ、悲しみを乗り越え、未来に目を向けるまでの4日間の物語。
盛夏の広島。昭和20年8月6日午前8時15分。突如頭上に炸裂した一発の閃光が人々の運命を襲った。広島を「ヒロシマ」に変え、父と娘の未来を変えた。人類史上初の原爆が投下されてから3年後の広島。図書館に勤める美津江は、愛する者たちを一瞬の閃光で失い、自分が生き残ったことへの負い目に苦しみながら、息を殺すようにひっそりと暮している。その彼女の前に、ある日ひとりの青年が現れた。原爆の資料集めに情熱を注ぐ木下青年に好意を示され、美津江も一目で彼に魅かれていく。「うちはしあわせになってはいけんのじゃ。」自分は人を好きになったりしてはいけない。幸せなど望んでいない…。美津江はそんな自分の恋心を押さえつけ、黙殺しようと必死である。美津江が恋に目覚めたとき、父の竹造(亡霊)が現れる。頑なに恋心を否定し、幸せの一歩手前で躊躇する美津江に、父の竹造は自ら「美津江の恋の応援団長」を名乗る。なだめ、すかし、励まし、ありとあらゆる方法で何とか娘・美津江の心を開かせようとするのだが…。(オフィシャルページより)

【感想】
すばらしい映画です!!
正直、ストーリーも何も知らないままこの映画を見始めました。最初のうちは娘と父の広島弁でのやり取りが面白く、軽い気持ちで見ていました。ところがストーリーが進むにつれて、これは大事な映画なんだと思うようになりました。後世に伝えていかなければならない、大切なメッセージを改めて思い出させてくれました。映画では戦争の戦闘シーンなどは一切出てきませんが、それでも戦争は悲惨なものなんだと感じるシーンは数多く出てきます。なぜ自分だけ生き残ってしまったのか、“うちはしあわせになってはいけんのじゃ”という言葉が何度も彼女の口からついて出ますが、残された者の悲しみや苦悩が凝縮されていますね。父は娘が幸せになることが、それを後世に伝える手段なんだと言い聞かすシーンは心うたれます。学校で教えることも大事だが、経験者が孫やその次までも伝えていくことが、より大事なんだと思わせてくれます。多くの人々がそういう心を持つことが大切ですが、世界中の人々がとか考える前に、まず自分がその心を忘れずにいるということが一番大事なんだと思いました。“おとったん、ありがとありました。”という言葉も心に残ります。
女優の宮沢りえさん、ホントすばらしい女優さんになりましたね。いつも感動させられます。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑応援のクリックお願いします。

スポンサーサイト

2005/12/23 20:20 | 邦画COMMENT(1)TRACKBACK(2)  TOP

コメント

TBありがとうございます。

戦争を語る作品は多いですが、本作の場合は戦争で傷ついた人々の心の救済に向けられた視点が素晴らしかったと思います。
二人芝居ですが見入ってしまいますねw
此方からもTB入れさせて頂きました。

No:5 2005/12/31 12:23 | lin #XHLKTYlo URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2005/12/31 | NUMB |

「父と暮せば」

 父と暮せば 通常版「父と暮せば」 ★★★★THE FACE OF JIZO (2004年日本)監督:黒木和雄原作:井上ひさしキャスト:宮沢りえ、原田芳雄、浅野忠信公式サイト

2006/01/03 | ももママの心のblog |

父と暮せば

2004年 日本 戦争、ヒューマンドラマ2005年12月23日 VTR(WOWOW)監督・脚本 黒木和雄原作 井上ひさし出演 宮沢りえ(阿修羅城の瞳、たそがれ清兵衛、華の愛/遊園驚夢)、原田芳雄、浅野忠信(座頭一)1948年広島。図書館に勤める美津江(宮沢りえ)は、原爆に遭いながら

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。