スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

不朽の名作 A masterpiece in my life

不朽の名作 불후의 명작(A masterpiece in my life)

先日「星」という映画を見ようと思って探していたときに、この「不朽の名作」が目に留まりました。だいぶ前に鑑賞したのですが、なんだか急にもう一度見たくなり、鑑賞することにしました。
+++++++++++++++++++++++++
監督:シム・グァンジン
出演:パク・チュンフン、ソン・ユナ
【ストーリー】
母親の借金の返済のため、仕方なしにアダルトビデオの監督として働いているインギ(パク・チュンフン)。彼は人もいいし熱意もあるが、なかなかチャンスに恵まれない。だがいつかはきっと“不朽の名作”を撮り上げるんだと、夢を追い続けている。そんなある日、大学の先輩で売れっ子監督のミョンジュンから、シナリオ作家のヨギョン(ソン・ユナ)を紹介してもらう。彼女はゴーストライターだが、彼女もいつかは自分の名前でベストセラーを出したいと願っていたのだった。意気投合した二人は自らの“不朽の名作”を作るため、シナリオを共同執筆することにする。そしてついに“不朽の名作”のシナリオは完成するのだが…。
不朽の名作
【感想】
彼インギと、彼女ヨギョンの、性格や趣味が細かく描かれているシーンがでてきます。彼女を紹介してもらって初めて合ったとき、自分に文章を書く才能がなかったから、彼女と出合えたんだと思い込むあたり、だからいつも前向きにがんばれるんだと思います。また、彼女がアニメ好きという設定も面白いですね。こんな所で日本のアニメが登場するとは思いませんでしたが、韓国では日本のアニメとは知らずにいた人も多いと聞きます。
シナリオが出来上がって行くにつれ、そのシナリオの主人公たちと現実の自分たちが連動していくのがわかりますが、シナリオに自分の思いを込めていくあたりは、ズシッと伝わってきまね。
映画で映画関連を題材にしたものは、いろんな映画ネタが仕込まれていて、いろいろと楽しく見ることができますね。シン・ヒョンジュンにサインをしてもらって、映画の題名を間違えるところなど、思わずニヤッとしてしまいます。
見終わった後は、気分的にちょっとしみじみしてしまいましたが、心に残る映画のように思います。感動的なシーンはないけれど、鑑賞してよかったなぁと思える映画でした。
主演のパク・チュンフンですが、たくさんの映画に出演していますね。彼が出演した映画は何本か見ていますが、この映画の彼が一番好きです。それからヨギョン役の彼女、ソン・ユナはきれいな女優さんですね。インギをさそってお酒を飲みながら自分を語るシーンはとてもよかったです。ちなみに彼女のホーページはhttp://www.star-art.co.kr/sya/です。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑取り立てて感動しなくても、やっぱり映画が好きって方は、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2005/12/18 21:17 | 韓国映画(ハ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。