スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ふざけるな(英題:Shit Up!)

一昨日あたりからとても寒くなりましたね。昨日の夕方はアラレが降ったりして、苦手な季節に突入してしまいました。昨日もアラレじゃなくて初雪だったらよかったのにね~。韓国のラブストーリーには初雪がつきものみたいですが、この前書いた「チョルス☆ヨンヒ」でも初雪に喜ぶシーンがありました。まあ、韓国の場合は別にラブストーリーに限らずとも、初雪自体がうれしいものだそうです。寒いのが苦手な私としては、春へと一気に飛び越えてほしいなと、ここ何年かはずっと思っています。(w)
さて、それで今日はそんなラブストーリーかと言うと全然違う映画です。
ふざけるな
+++++++++++++++++++++++++
ふざけるな(英題:Shit Up!)
監督:オ・ジミョン
出演:チェ・プラム、オ・ジミョン、ノ・チュヒョン、イム・ユジン
【解説とストーリー】
大韓民国最高の笑いの主人公チェ・ブラム、オ・ジミョン、ノ・ジュヒョンが最強のコミック演技を見せるために集まった。「まじめに生きろ」「黄山原」のオ・ジミョンが初めてメガホンを取り、TVドラマで人気のチェ・ブラムやノ・チュヒョンらと共に主演も務めた。ベテラン俳優3人が、卓越した演技力で大いに笑わせてくれる上に、ワイヤーアクションまで披露。
かつてヤクザの世界では知らない者はいないほどの力を持っていたピョクトルとケトク。しかし、トンパルという組員の策略にはまり、2人は濡れ衣を着せられて刑務所で過ごす羽目になる。そして15年後。出所した彼らは、さっそく部下のサンボクとともにトンパルを探しに行くが、なんと彼も無実の罪で逮捕されていた。3人は何とかトンパルと対面するが、彼はよりによって復讐にやってきた3人に、娘のボディーガードを依頼する。3人は渋々仕事を引き受けるが…。
ふざけるな【感想】
もうおっちゃんというより、おじいちゃんに近い三人のアクションシーンには笑ってしまった。一目で代役と分かるそのアクションは、たぶん意図的にそうしたのだろうが、コメディーと思えば納得できる。カラスのようにわめくケトク、普段はおとなしいピョクトル、その中間的存在サムボク。そのバランスがまた絶妙で、見ていて映画を飽きさせない。そして三人とはかけ離れた感じのウンジの演技も見逃せません。
全体はコメディーになっていますが、父親がやくざという設定での親子関係など、ほろりとさせてくれる場面もあります。気軽に楽しく見れる映画だと思います。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑がんばっていますので、↑クリックお願いします。

スポンサーサイト

2005/12/05 22:20 | 韓国映画(ハ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。