スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

愛してる、愛してない

原題:愛してる、愛してない 사랑한다, 사랑하지 않는다
原作:井上荒野(いのうえあれの)「帰れない猫」
監督:イ・ユンギ
出演:イム・スジョン、ヒョンビン

愛してる、愛してないヨンシンの出張で空港まで送っていく車の中、事務所を家に移してもっと一緒にいる時間を増やそうと考えていると話したチソクに、ヨンシンは飲み物の缶を差し出すように、平然と“私、家を出て行くことにするわ”と別れを切り出す。一度も理由を尋ねなかったチソクは、彼女の新しい男が迎えにくることになった日、彼女のために荷物を包み、大事にしていたコーヒーカップでおいしいコーヒーを入れる。なじむ時間が流れるにつれて、彼のやさしいむ配慮にますます腹が立った彼女は、そんな自分の感情に当惑する。本心が分からない彼は、最後の食事のためにレストランに予約し、一緒に外出することにする。一日中降った雨を避けて道に迷った子猫が家へやって来て隠れてしまったことを言い訳に、雨に浸かって渡れなくなった橋を言い訳に、二人は、もう一日一緒にいることになる…。

愛してる、愛してない【感想】
とっても静かな映画です。別れることになった夫婦なのに、なぜそんなに平然としていられるのか、それにしても静かすぎませんか。今日が終わりだと思っても、荷造りをする間に、一緒に作った空間や思い出をよみがえらせながら、映画は淡々と進んでいきます。夫婦の会話は車の中でずいぶんしていたのに、別れの日にはほとんど会話もなく、自分の気持ちを隠すかのように雨の音がしている。そんな時間の中でも互いに思やって、本当は別れることはないんじゃないの?って思わせる。映画の終わり方も曖昧で、どっちなんだろう?と、まるで見ている側に、後は各自で想像してくださいって感じです。でも私はそんなところが好きだ。映画の静かなところもいいし、でもそれは役者さんの演技があってのもので、イム・スジョンもヒョンビンもピッタリはまっていたように思う。隣の猫が迷い込んでこなかったら、そして雨がこれほど降らなかったら…と思うと、この物語はまた違った風合いになるのでしょうね。


☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

--
ここからはちょっと宣伝。
ホームページのテンプレートとWordPressのテーマを無料で配布しています。テンプレートは、HTML文法チェッカーで減点もなく、多言語(中国語や韓国語など)にも対応しています。また、WordPressのテーマの配布もはじめました。「tro-suke」をご覧ください。
スポンサーサイト

2011/10/12 22:22 | 韓国映画(ア)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。