スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ママ

原題:마마(ママ)
監督:チェ・イグァン
出演:オム・ジョンファ、ユ・ヘジン、キム・ヘスク、チョン・スギョン

ママ世の中には、お母さんの数だけいろんなドラマがある。
天下無敵のお母さん!この宇宙で一番強い人
ヤクルトを配達して、午後には他の家の掃除までするボクのお母さん。歩くこともできないボクに、世界旅行をさせてあげると一生懸命です。ところがお母さんの具合が良くないみたいです。神様、先生。私の心臓を差し上げても良いです。だからお願い…。
母親か敵か?憎くても憎むことができない人
うちのお母さんは、大韓民国ナンバーワンソプラノ歌手。優雅に振り舞うお母さんの後で孤軍奮闘する永遠の侍女はまさに私。小学校の学芸会の時はやりの歌なんか歌ってと、ひどく怒ったお母さん。でも私にだって夢があったのよ…。
母親なしでは生きられない、ただ生きているだけでありがたい人
乳癌が見つかったうちの母親。手術を早くしなければならないのに、女として胸の片方を取り除くことはできないと言う。死ぬ前に初恋のドクスさんに一度会ってから取るっていう母親。おれが英語講師だと固く信じている母親に内緒で、うちの組職を使ってサーチしてみるが…。

ママ【感想】
三組の親子にスポットが当てられています。筋ジストロフィーの子供を持つお母さんにオム・ジョンファ。彼女は今回役柄を考えてちょっと太った感じのお母さん。いつも思うけど、彼女の役づくりはすごいですね。つづいて優雅に振り舞うワンソプラノ歌手にチョン・スギョン。彼女はミュージカルの経験も豊富で、さすがの美声を発揮しています。それから乳癌が見つかった母親にキム・ヘスク。その息子が英語の講師だと偽って、本当はカンペの親分にユ・ヘジン。彼は脇役が多いですが、いつもいい味出してますよね。今回もそんな雰囲気です。
こうやってストーリーや役者さんだけ追いかけてみると、すごく感動しそうな映画なのですが、どうも私には今一に感じてしまいました。なぜですかね、ちょっとまとまり過ぎのような気もするし、わざわざ三組の親子を設定しなければいけなかったのか?どうして一組だけでもっと深く表現しようとしなかったのか、ということです。三組も登場させるから、中身が薄くなっちゃったって感じで、そんなところが私には残念なところでした。まあでも、母親と子供ってとこで、自分が妙に期待して見たからいけなかったのかもしれませんね。雰囲気はいい映画でした。


☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

--
ここからはちょっと宣伝。
ホームページのテンプレートとWordPressのテーマを無料で配布しています。テンプレートは、HTML文法チェッカーで減点もなく、多言語(中国語や韓国語など)にも対応しています。また、WordPressのテーマの配布もはじめました。「tro-suke」をご覧ください。
スポンサーサイト

2011/10/02 16:51 | 韓国映画(マ・ヤ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。