スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

チョンダム(清潭)菩薩 Sexy Bosal

原題:チョンダム(清潭)菩薩 청담보살
監督:キム・ジニョン
出演:パク・イェジン、イム・チャンジョン、キム・ヒウォン、ソ・ヨンヒ、ソ・ユジョン

チョンダム(清潭)菩薩チョンダム(清潭)洞で評判な美女菩薩(占い師)テランは、すらっとした容姿に億ウォン台の年収。何ひとつうらやむことがない彼女だが、29歳になる前に運命の男に会ってこそ、厄運を避けられると、幼い頃に母から聞いていた。一方のスンウォンは元騎手で、今は厩舎で厩務員をして生計を立ててる家賃滞納男だ。ある日、テランが車を運転していると、万ウォン札を拾うとし、道路に飛び出してきたスンウォンをはねてしまった。それと同時に後続車から追突されるが、なんと運転していた男は、学生時代の初恋相手ホジュンだった。スンウォンの怪我は大したことなかったが、保険の手続きでテランは衝撃的な事実を知る。それはスンウォンは1978年5月16日23時生まれで、名前に“木”の字が入っている…。奇跡のような事故で、冴えない最低男だけど運命の人スンウォンと、寝ても覚めても忘れられない初恋の人ホジュンと出会い、テランは受け入れたくない運命と、すぐにでもつかみたい愛の前で、選択の岐路に立たされる…。

Sexy Bosal, Fortune Salon【感想】
コメディー映画としてもそんなに笑えるほどでもなく、ラブストーリーにしても熱烈ってわけではない。展開が予測できるほど単純なストーリーだから、気軽に見れたのはいいけれど、なんだかそれだけだと物足りない。でもコネクリ回してごちゃごちゃしたストーリーよりも良かったのかなぁ。だらだらしながらも2時間を見ることができたのは、その辺かもね。占い師の言うことに振り回されて一喜一憂する姿は面白いけど、新鮮味にはちょっと欠けるでしょ。だらしない男の役をやらせたら韓国一・二のイム・チャンジョン。それでもそんなところが嫌で、彼の出演している映画は敬遠していので、久しぶりの鑑賞です。今回はちょっと控えめかな。ヒロインのパク・イェジン、ドラマでは活躍しているようですが、映画では「彼女はきれいだった」以来ですかね。主演の二人よりインパクトがあったのは、テランの母親役のキム・スミ。脚本にも名を連ねていますが、娘の顔すら分からない認知症のカリスマ巫女という役はピッタリです。まさに貫禄ですね。ちなみに「○○菩薩」というのは、韓国の巫堂(ムーダン)や女性占い師のことを言うそうです。仏様のことかと思ってました。


☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

--
ここからはちょっと宣伝。
無料でホームページのテンプレートを配布しています。多言語(中国語や韓国語など)にも対応している、機能的なテンプレートです。興味のある方はぜひご覧ください。
スポンサーサイト

2010/08/10 09:40 | 韓国映画(タ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。