スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

プサン(父山) City of Fathers

原題:プサン 父、山 부산
監督:パク・チウォン
出演:キム・ヨンホ、コ・チャンソク、ユ・スンホ、チョン・ソンギョン

プサン(父山)ギャンブルの借金でサラ金業者に追われるチンピラのカンスは、唯一の家族である息子のチョンチョルさえほったらかしにしてどん詰まり人生を送っている。ある日、チョンチョルが腎臓癌の宣告を受ける。カンスは、生涯初めて父親の役割をするため、18年間隠してきた真実、チョンチョルの本当の父親であるテソクを訪ねて行く。一方のテソクは、成功のために愛まで捨ててあくせく生きてきたが、事業が危険な状況だ。自分に息子がいることを初めて知ったテソクだが、その事実を受け入れようとせず無視し続ける。そしてチョンチョルの命はしだいに危険な状態になる。プサン(釜山)の路地裏世界を生きていく三人の男の運命は一つに絡み合って最後を迎えようとしていた…。

City of Fathers【感想】
ストーリーはいいのにその素材をうまく活かしきれていない、そんな印象だ。先日の「炎のように蝶のように」もそうだったけど、実に惜しい作品だ。格闘シーンや臓器密売のシーンなど、作りが雑でもったいない。しかし、継父役のコ・チャンソクはいい雰囲気を出している。ダメダメな親父でどうしようもない奴を見事に演じている。もう死ぬからやさしくなったのかと問うチョンチョル役は「おばあちゃんの家」に出演していたユ・スンホ君。彼も大きくなったんですね。それからもう一人懐かしい顔がイ・ソナ/ウンジ役のチョン・ソンギョン。彼女は「僕が9歳だったころ」に出演していましたね。私が韓国映画を見出した頃の顔が見れて、それなりに楽しめた映画でした。タイトルのプサンは釜山と父山をかけていたんですね。鑑賞中もずっと釜山かと思っていたけど、最後に父山とわかって“うん、なるほど…”。


☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2010/03/06 14:34 | 韓国映画(ハ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。