スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

グッド・バッド・ウィアード The Good, The Bad, The Weird

原題:いい奴、悪い奴、変な奴 좋은 놈, 나쁜 놈, 이상한 놈
出演:ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ウソン
http://www.gbw.jp/


1930年代、多様な人種がもつれ銃刀が乱舞する無法天下、満州原野が舞台。その満州原野で帝国列車が襲われる。そこで激動期をそれぞれ違ったやり方で生きている朝鮮の風雲児、三人の男が運命のようにぶつかる。
お金になることは何でもハンティングする懸賞金猟師パク・トウォン=いい奴、最高でなければ耐えられない馬賊団親分で殺人請負業者のパク・チャンイ=悪い奴、雑草のような生命力の特攻隊、列車強盗犯ユン・テグ=変な奴。彼らは、互いの正体を知らないまま、テグが列車を襲って手に入れた謎の地図を独占するため、大陸を立ち回る追撃戦を繰り広げる。そして、正体不明の地図一枚を囲んだ交錯する推測の中に、日本軍、馬賊団までが彼らのレースに加担するようになる。追いつ追われつの追撃戦、結果がわからない大混戦の中、果たして最後の勝者は誰に…。

グッド・バッド・ウィアード【感想】
久しぶりに見た韓国映画がこの映画。知り合いの人にチケットを頂いたので、劇場での鑑賞となりました。この三人の出演でしたら、もっと混雑しているかと思いきや、レイトショーだったからかもしれませんが、観客はほんのわずか。おかげでゆっくりと大の字になって鑑賞できました。
映画の方は、もう宣伝通り“メチャクチャ”。ドンパチの連続で、ストーリーらしいものはありません。ただ面白く、かっこ良く、迫力感満載の映画です。思うにやはりソン・ガンホの魅力で成り立った映画のように思います。監督はキム・ジウンで、「反則王」(ソン・ガンホ、ソン・ヨンチャン)「甘い人生」(イ・ビョンホン)と前作に出演した俳優さんを起用していますね。たぶん監督さんの中でイメージが出来上がっていたのではと思われます。三人はいい奴、悪い奴、変な奴とそれぞれの面を見せてくれますが、でも三人とも皆一緒です。悪い奴はもう悪いだけだけど、いい奴も変な奴も似たり寄ったりで、もうそれは関係なくていいんだと思いました。そういう映画なんですね。やっぱ劇場で鑑賞できてよかったと思える、そんな映画です。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。
スポンサーサイト

2009/09/01 12:23 | 韓国映画(カ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。