スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

クライング・フィスト Crying Fist

原題:拳が泣く 주먹이 운다
監督:リュ・スンワン
出演:チェ・ミンシク、リュ・スンボム、イム・ウォニ、ピョン・ヒボン

クライング・フィストかつては、アジア競技大会銀メダルリストになったこともあるボクサーのカン・テシク。しかし事業に失敗し莫大な借金を抱え、妻子にも逃げられた彼は、路上で自分を人に殴らせお金をもらっている仕事をしている。持っていたものすべてを失った後、生計のためにやむを得ず路上で殴られるボクサーになったのだった。妻からは離婚を迫られ、息子と暮らすことができなくなるテシクには、つらい現実が待っていた。そんなテシクの目に“新人王戦”のポスターが焼きつく。
一方、喧嘩とカツアゲに明け暮れる荒んだ日々を送る19歳のユ・サンファン。ある日、喧嘩にまきこまれ合意金を得るため、金持ちをねらった強盗事件を起こし、少年院に収監される。収監初日からボクシング部のクォンノクと勝負を繰り広げて独房に閉じ込められるという順調でない生活が始まる。クォンノクとの戦いを見た刑務主任は、サンファンにボクシング部加入を薦める。何かができるという意志と喜びを得たサンファンだったが、建設現場で働く父が事故死し、祖母も病に倒れてしまう。生まれて初めて家族のために何かをしたいという思いに駆られたサンファンは、“新人王戦”でトップに立つと心に決める。
愛する者のために、失ったものを取り戻すために、そして何よりも、自分の人生をその手に取りもどすために、二人はリングに上がるのだった。

【感想】
いつかボクシングってのは、普通の人間にはできないスポーツだと聞いたことがあります。確かに辛いスポーツではありますが、それをやっている人には大きな意味があるのでしょう。この映画はそんな部分が見え隠れする映画ですかね。二人の主人公それぞれで一本の映画ができそうですが、やはり戦う相手の人生もあるわけで、よくできていたと思います。拳が泣く40歳のおっさんと19歳の若者。それぞれたどってきた道は違えど、命を燃やすような戦い。自分の周りの人々も感動させる戦いだったはずです。ですから、本来だったら見終わった後に、達成感みたいなものが感じられてもいいように思うのですが、そういうものは正直無かったですね。それは多分二人が私の嫌いなタイプの人間だったからでしょうか。いや、この映画に感動は必要ないのかもしれません。二人がリングに立ったこと自体が一番の出来事で、勝敗は関係ないし、その後がどうなったかも関係ないんですね。
チェ・ミンシク兄貴、久しぶりに見ましたが、最近どうしているのですかね。もっとスクリーンに登場してほしいですね。他の出演者も皆素晴らしく、今ではそれぞれ主役をはれる人たちばかりでした。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング 人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2008/12/04 18:27 | 韓国映画(カ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。