スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

マガンホテル Magang Hotel

マガンホテル 마강호텔
監督:チェ・ソンチョル
出演:キム・ソックン、キム・ソンウン、チョ・サンギ、パク・ヒジン

マガンホテル組織同士の抗争で構造改革や大規模リストラの事態に陥り、一瞬にして行き場を失ったデヘン組。彼らが組織の資金繰りを解決して職場に復帰するための唯一の方法は、倒産寸前のマガン(馬江)ホテルから、未収の金を取り立てるしかない!地方の郊外にあるそのホテルに出向き、彼ら特有の単純で馬鹿な営業妨害作戦で簡単に解決しようとした未収金回収作戦は、時間が経てば経つほど難しい状態になってしまう。ホテルの女社長パク・ミナ、支配人のオ・ジュンゴン、ウェイトレスのイ・ジョンウンらマガンホテルの怪しいホテリアーたちは、デヘン兄貴たちのマガンホテル受付任務に強力なタックルをしかけ、経営再建の作戦を立てる。そして、ホテル史上類例がない新しい顧客サービスを展開し始めた!
ニュースや新聞を見れば出てくる構造改革、雇用問題、デモなど社会の大小の事件事故の中に、果たして暴力団という特殊な階層は、何の影響も受けないのだろうか…。

【感想】
廃業寸前のホテルにヤクザがお金を取り立てに行ったら、そこでホテルの従業員たちとそのホテルを復興することになるという、なかなか面白そうなストーリーです。だけど、廃業寸前のホテルがそう簡単に建て直るわけないし、リストラされたヤクザだって、そう簡単には復帰できないでしょ。世の中そう簡単にはいかないことが多いのに、最後は丸々のハッピーエンド。この映画はそういうことを描きたかったの?Magang Hotelたとえコメディー映画でも社会問題を扱ったら、それなりに納得できるものにしてほしかったですね。それが無理だったら、徹底的にコメディーにするべきで、支配人役のウ・ヒョン、解決者役のキム・ルェハなど、もっと暴れてほしかったと思います。ホテル従業員はみな個性的に設定されており、パク・ヒジンなどはいい感じ。解決者役のキム・ルェハを見るといつも間寛平さんを思い出してしまう。解決者がホテルに向かう途中、バイクを横取りしたはいいけれど、トラックに跳ねられてしまうシーンはもう最高。ですから、部分的にはとても面白く出来ているのに、全体を通してみるとなんだかイマイチに思えてしまう、そんな映画でした。ヤクザのリストラは置いといて、ホテルの復興にもっと重点を置いたらより面白い映画が出来たのではと思います。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2008/11/20 23:58 | 韓国映画(マ・ヤ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。