スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

カン・チョルジュン 公共の敵 1-1 Public Enermy Returns

カン・チョルジュン 公共の敵 1-1 강철중 공공의 적 1-1
監督:カン・ウソク
出演:ソル・ギョング、チョン・ジェヨン、カン・シニル、キム・ナムギル

カン・チョルジュン 公共の敵 1-1江東署の強力班刑事カン・チョルジュンは、5年が過ぎた今でも相変らず事件現場をかけずり回っている。15年の刑事生活で残ったものといえば、チョンセの借家だけ。刑事という職業柄、銀行から住宅保証金も受けられず、いつ命を落としてもおかしくないこの稼業に嫌気がさし、ついに辞表を提出する。ところがその日、ある高校で起きた殺人事件のために彼の辞表受理は延期され、今回の事件さえ解決すれば退職金を与えるという班長の懐柔に巻き込まれ、面倒な事件現場に渋々戻ることになる。まったく解決の兆しが見られなかった殺人事件だが、捜査が進んでいくうちカン・チョルジュンは、死んだ被害学生と仲が良かったという友人3人に会って糸口を探し始める。そして彼らが、コソン(巨星)という会社に就職していたことを知ったカン・チョルジュンは、この事件が、コソン・グループと関係あると踏んで、コソン・グループの会長イ・ウォンスルを追い始めるのだが…。

【感想】
今回が三作目となるこのシリーズですが、カン・チョルジュンが強力班刑事と言うことで、一作目の続きと言った内容です。やはりソル・ギョング、いいですね。出演者もカン・シニルはじめイ・ムンシクやユ・ヘジンといったところの顔がみれ、なんだかうれしいです。Public Enermy Returns一作目のイ・ソンジェ演じるチョ・ギュファンは冷徹かつ善良的といった雰囲気がよく出ていましたが、今回のチョン・ジェヨン演じるグループの会長は、ちょっと違っていました。どちらかというと、ちょっとカン・チョルジュンに近い雰囲気がありましたね。チョン・ジェヨン、いい雰囲気でした。内容的には刑事物だから特別なことも無いけれど、今回はちょっと家族が見え隠れして面白さを引き立てています。特にカン・チョルジュンの娘がいい味出してます。この映画のハイライトは、最後の二人の戦いでしょうが、私は、途中で出てきた家族農園での子供たちの前で殴り合った部分が最高でした。
カン・チョルジュンは決していい刑事ではないんですね。焼き肉やで文句を言ったり、家まで押し掛けていき夕食を食べてしまう。まるでそれはやくざの手口で、でも刑事と言うのが根底にあるから、悪は許さない、そういう表現の仕方なんだと思いました。高校生役で若い人たちが出演していますが、みないい感じです。最近見た韓国映画の中では一番面白いと感じました。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2008/11/13 20:53 | 韓国映画(カ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。