スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

幸福 Happiness

幸福 행복
監督:ホ・ジノ
出演:ファン・ジョンミン、イム・スジョン

幸福ソウルでクラブを経営しながら、自由奔放な生活をしてきたヨンス。経営していた店は、滅びて、恋人スヨンとも別れ、その上、肝硬変まで患うようになったヨンスは、周辺に留学に行くという嘘を残して、逃げるように田舎の療養院<希望の家>へと行く。
療養院<希望の家>に暮らして8年目、スタッフとして仕事をしているウニは、息が切れれば死ぬこともある重症肺疾患患者だが、明るくて楽天的だ。
うっとうしい田舎の療養院、未来など見えないみじめな状況で、ヨンスは、つらいものも、恐ろしいものもないように見えるウニに頼るようになって、手を握ってキスをして、夜を共に送りながら、普通のカップルのように幸せな恋愛を始める。そして二人は、療養院を出て一緒に暮らし始める。1年後。ウニの助けで健康を取り戻したヨンスは、ひたすら幸せなばかりのウニと違って、二人だけの生活がますます退屈になる。貧乏臭い田舎生活も、いつ死ぬかも知れない病弱なウニも負担になったヨンスの前に、おりしもソウルから昔の恋人スヨンが訪ねてくる。

Happiness【感想】
以前から見たいと思っていたこの映画。入手してからだいぶ経ってしまったのですが、美味しいものは後で戴くタイプの私としては、ちょうど良いタイミングかも。大好きなイム・スジョンがどんな演技を見せてくれるか楽しみにしていました。ファン・ジョンミンもイム・スジョンも期待を裏切らないだろうと思っていたけど、少しは心配で、でもそんな心配も杞憂に終わりました。
ホ・ジノ監督の映画と言えば、感情を直接訴えるのではなく、じわりじわり、そして心の内をそっと伝えてくれる、そんな印象があったのですが、この映画もそうでしたね。体が元通り元気になれば、ヨンスの行動も当然かもしれません。でも実際は違うんだと言葉で表現するのではなく、雰囲気を伝えてくれる。そういうタイプが好きな人にはたまらない表現の仕方です。逆にヨンスの行動が理解できなくて、この映画に感情移入できなかった人も多いでしょう。ストーリーは単純ですから、後はどれだけ主人公の思いを伝えられるかが、この映画のポイントだと思うのですが、私は良かったと思います。まあ、人それぞれですからね。イム・スジョンはお気に入りの女優さんなので、ひいき目もあるかもしれませんが、良かったですね。彼女は見た目よりいつも強く感じます。今回もそうでした。特別出演のパク・イナンとシン・シネも、この映画を落ち着かせてくれてよかったですね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2008/08/25 21:52 | 韓国映画(カ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。