スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

愛 a Love

愛 사랑(サラン)
監督:カク・キョンテク
出演:チュ・ジンモ、パク・シヨン、チュ・ヒョン、キム・ミンジュン

愛釜山の小学校に転校してきたチェ・イノ。同じクラスのミジュに悪戯するノルブから呼び出されケンカになるが、軽くやっつけたイノにミジュは声をかける。思いがけない誘いに舞い上がるイノは、家にあったナイフをノルブに売りつけ、その金でミジュのプレゼントにと、髪飾りを買う。しかしミジュの家を訪ねると債権者が押しかけてきていた。何もできないイノは、散乱した荷物の中からミジュの描いた水彩画を拾って帰る。
17歳になったイノ。貧しい母のために、特待生で大学に行こうと柔道に燃えていた。そんな時学校の問題児サンウとケンカになってしまう。一度家に遊びに来いとサンウに誘われ、サンウの家へ向かうが、そこでミジュがサンウの妹だと知り驚く。ある日サンウは、ギャンブルに狂い借金だらけの母を道連れに焼身心中を図ってしまう。一人残されたミジュ。イノはミジュを守ると約束し、ミジュもイノを守ると約束する。だがミジュはヤクザのチグォンに拉致されてしまう。それを知ったイノはミジュを助けようと、チグォンの首に刃物を突き刺してしまう。
出所したイノは、市場で働き始める。そこでユ会長に見初められ、信頼厚い部下と成長した。そんなある日、ユ会長の傍らに、行方のわからなかったミジュを見かける…。

サラン【感想】
この切ない運命に翻弄された二人のラブストーリー。うん~、だけど私には全然余韻が残りませんでしたね。最後はもうロミオとジュリエット。そんなに死に急がんでもと、おっちゃん思うんだけどねー。まあそれはいいとしても、なぜ余韻が残らなかったかと考えてみるに、後半がもうちょっと作り込んでくれていたらと思いますね。韓国映画のラブストーリーには珍しく、ちょっと単調すぎました。時間的にも長く感じないよくできたストーリーなのに、残念だなあ。17歳のイノとミジュがお互いを守ると約束したシーンは印象的ですが、そこが一番盛り上がったしまい、その分後半が物足りない印象を与えてしまっているのかなあ。
主演のチュ・ジンモもかっこいいのですが、それよりも存在感があったのが、チグォン役のキム・ミンジュン。これ程極悪な表情のキム・ミンジュンにはびっくりでした。役柄によってこれ程変われるとはさすがですね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2008/08/16 11:40 | 韓国映画(ア)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。