スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

光州5・18(原題:華麗なる休暇) May 18

光州5・18(原題:華麗なる休暇 화려한 휴가
監督:キム・ジフン
出演:キム・サンギョン、アン・ソンギ、イ・ヨウォン、パク・チョルミン
HP:http://may18.jp/

非常戒厳が宣言された中、平凡な市民たちがクァンジュ(光州)と愛する人々を守るために戒厳軍に対抗した10日間、<光州事件>を正面から写実的かつ感動的に描いた作品。
光州5・181980年5月のクァンジュ(光州)。クァンジュに住んでいるタクシー運転手ミヌは、幼い時に両親と死別し、心から愛しい弟ジヌと2人きりで平凡な日常を暮らしている。ジヌと同じ教会に通う看護師シネに心を傾け、思春期の少年のような求愛を繰り広げる彼は、小さな日常さえ大切だ。こんなわずかな人生を楽しむ彼らの前に、ある日、思いもしなかった凄じいことが起こる。無実の市民たちが、銃や刃物で武装したデモ隊鎮圧軍から暴行を受けて、はなはだしいことには、殺される者もいる。目の前で友人や恋人、家族を失った彼らは、退役将校のフンスを中心に市民軍を結成して、結末も分からない10日間の死闘を開始する…。

華麗なる休暇【感想】
この映画、5月10日から全国ロードショーだそうですね。でも一足先に鑑賞することにしました。
数年前、韓国を旅行したときに、光州にある“国立5・18墓地”を見学してきました。そのとき初めて光州事件を知ったくらいで、資料館に展示されている当時の写真などで、その悲惨さを垣間見ることが出来ます。その後、ドラマ「砂時計」や映画「懐かしの庭」を見たりして再度、光州事件のことを調べたりしたので、この映画が辛いのは見る前から分かっていたと言うか…。
この映画で一番良かったところは、役者さんが皆素晴らしいと言うことですかね。始めはなんだかしょぼく見えるタクシー運転手のミヌ(キム・サンギョン)や同僚のインボン(パク・チョルミン)も、だんだん凄く見えてきます。退役将校のフンス(アン・ソンギ)はもちろん、看護師シネ(イ・ヨウォン)をはじめ、愛する者を守ろうと必死に戦う光州市民。高校のチョン先生役のソン・ビョンホ。彼などは、いつも嫌みな感じの役が多かったのですが、今回は出番は少なかったけれど、いい感じでしたね。生徒をかばって銃撃されるシーンは、特にグっときてしまいます。映画はシラケることなく感動的に最後まで見れます。光州事件を正面から描いただけあって、無駄なところがなかったように思います。
ちょっとネタバレになってしまいますが、記念撮影をする場面が二度出てきます。一度目と二度目は一見似ている風景ですが、思いは全く正反対なんですね。この事件は亡くなられた方々だけではなく、残された者にとってもとても、大きな傷を残した事件だったということなんですね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

国立5・18墓地右の写真は、光州にある“国立5・18墓地”へ行ったときのものです。

それぞれ墓石の後ろには、家族が亡くなられた人に送ることばが刻まれてあり、この墓石には、

「ヨボ、あなたを永遠に愛しています。
まだ、今もあなただけを愛しています。
一生、後悔したこと、ありません。
あなただけを愛しています。」

と書かれています。

スポンサーサイト

2008/05/08 18:49 | 韓国映画(カ)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

 とっても面白そうな映画ですね。
 光州を訪れているだけに、より興味深く感じます。

No:53 2008/05/08 22:12 | 司元 #- URL編集 ]

どーも

光州で実際に見た道庁はそれほど大きく感じませんでしたが、
映画では、リアルに再現されています。
時間があれば、司元さんも鑑賞されてはいかがでしょう。
昨年韓国では興行成績第二位を記録した大ヒット作です。

No:54 2008/05/09 20:36 | トロ助 #EA9BOhdQ URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。