スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

よいではないか(家) Shim's Family/Skeletons in the Closet

よいではないか(家) 좋지 아니한가
監督:チョン・ユンチョル
出演:チョン・ホジン、ムン・ヒギョン、キム・ヘス、ユ・アイン、ファン・ボラ

よいではないか(家)1つ屋根の下で暮らしていながら、お互いのことをほとんど理解できていないシム家の人々が、ある事件をきっかけに団結してゆく姿を描いたコメディー映画。
英語教師のシム・チャンス(チョン・ホジン)は、家でも学校でも常に頭をうなだれている冴えない中年親父。息子のヨンテは自分の前世は王だったと頑なに信じてる。そして娘のヨンソンは奇妙な臨時教師(パク・ヘイル)の虜になってしまっている。家には小説家の叔母、ミギョン(キム・ヘス)も一緒に暮らしている。そんなとき妻のヒギョン(ムン・ヒギョン)は、カラオケ店で働く若いイケメン男に夢中になってしまうが、家族はお互いにまったく興味も理解も示さない。だが突然、そんな家族にも団結しなければならない、恥ずかしい事件が起きてしまう…。

Shim's Family【感想】(ネタバレの感想です)
私は、家族を描いた映画が好きだ。このブログでもそういった映画の割合は多い方だと思う。だがこの映画は、それまで見た家族映画とはちょっと違っている。もちろん根底には家族のつながりがあるのですが、表面上はバラバラな家族を描こうとしているようで、そこが一番のポイントですかね。韓国でも日本のように核家族化が進み、このような映画が出来る背景があるとしても、はやりどこか日本とは違っている気がします。その一番の象徴が、一緒に食事をすることではないでしょうか。お母さんがけがをして入院したとき、壊れかけた炊飯器でご飯を炊きますが、見事に爆発!思わず笑ってしまいますが、このシーンこそ、この映画のハイライトではと思えるシーンです。家族みんながそれぞれ悩みや問題を抱えていても、一緒に食卓を囲んでいる間は大丈夫だと思えてしまう。それが正にタイトルの「よいではないか(家)」であり、壊れかけた炊飯器にベルトをしてでもご飯を炊き上げる力こそ、家族なんだと思えます。日本ではもう25年くらい前に「積み木くずし」という映画がありましたが、今度はそんな韓国映画を見てみたい気もしますね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2008/01/26 23:18 | 韓国映画(マ・ヤ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。