スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

里長と郡守 Small Town Rivals

里長と郡守 이장과 군수
監督:チャン・ギュソン
出演:チャ・スンウォン、ユ・ヘジン、ピョン・ヒボン、チェ・ジョンウォン

里長と郡守小・中・高と、いつも学級委員長を務めていた男と、常に副委員長に甘んじていた男が、里長と郡守という逆の立場となって再会し、火花を散らす現実風刺コメディー。
普段、村の老人と一緒に花札に没頭し、痴呆の父親の面倒を見ている平凡な田舍のオールド・チョンガー チョ・チュンサム(チャ・スンウォン)。山奥の平穏な村、カンドク郡サンチョン2里。この里長が突然亡くなり、急遽後任を選ぶことに。「次の里長は若い者に」という長老の一言で、強引に新里長に任命される。学生時代は常に学級委員長を務めていたチュンサムだが、突然こんな大役を任されて戸惑うばかり。そんな中、彼は学生時代の友人ノ・テギュ(ユ・ヘジン)が、郡守選挙に出馬するというニュースを聞き、妙な競争心と嫉妬心に駆られる。結局デギュが最年少“郡守”になり、彼らは過去の班長と副班長が、現在の“里長”と“郡守”という立場にひっくり返り再会する日がやってくる…。

Small Town Rivals【感想】(ネタバレ感想です)
里長と郡守…、鑑賞する前これは何やろと思い調べてみると、日本式にわかりやすく言い換えれば、“村長”と“市長”って感じでしょうかね。で、この映画は現実風刺コメディーと言うことらしいですが、笑いもなく、涙もなく、悪くはないのだけれど、なんだかちょっと物足りない印象でした。でも悪くはなかったですよ。
子供の頃いつも一番だったチュンサムが、田舎で農作業をしながら父親の面倒をみて暮らしている。方や子供の頃いつも二番手だったテギュは、学生のときのマドンナとも結婚し、出世して幸せな家庭を持っている。その辺がこの映画の見所なのでしょう。私が一番印象的だったのは、テギュの母親ですね。子供のときの二人の関係を知っているのか知らずにいるのか、そんなことは別にして、チュンサムとテギュの心をつなぐ、大事な存在でしたね。
チャ・スンウォンは、田舎の青年がこれほど似合うとは思っていませんでしたが、今回はそれより、ユ・ヘジンが最高でしたね。数多くの映画に出演していますが、主役級はあまりないでしょう。それからこんな感じの映画は、脇がしっかりとしていないと面白くないと思うのですが、今回のピョン・ヒボンは、ばっちりでしたね。まあ、彼はいつもいい演技をしますから当然と言えばそれまでですかね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2008/01/16 21:35 | 韓国映画(ラ・ワ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。