スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

さらば、わが愛 覇王別姫 Farewell My Concubine

さらば、わが愛 覇王別姫(はおうべっき) Farewell My Concubine
監督:陳凱歌(チェン・カイコー)
出演:張國榮(レスリー・チャン)、張豊毅(チャン・フォンイー)、鞏俐(コン・リー)

さらば、わが愛 覇王別姫(はおうべっき)1925年、北京。娼婦の母親に連れられ、孤児や貧民の子供たちが集まる京劇の養成所に入った9歳の少年・小豆子。新入りの小豆子は他の子供たちからいじめられたが、彼を弟のようにかばったのは小石頭だけだった。2人は成長し、女性的な小豆子は女役に、男性的な小石頭は男役に決められる。小豆子は「女になれ」と老師爺(フェイ・カン)に躾られ、数え切れないほど殴られた。彼らは演技に磨きをかけ、小石頭は段小樓(チャン・フォンイー)、小豆子は程蝶衣(レスリー・チャン)と芸名を改め、京劇『覇王別姫』のコンビとして人気を博す。小樓はある日、しつこい客に絡まれていた娼婦の菊仙(コン・リー)を助けたことをきっかけに、彼女と結婚する。少年時代より小樓にほのかな恋情を覚えていた蝶衣は二度と共演はしないと捨てゼリフを吐いて去る。その日北京は日本軍に占領された。ある日小は楽屋で騒動を起こし連行されてしまう。菊仙は日本側に取り入ってもらえるのだったら小樓と別れてもいいと蝶衣に告げるが、彼の協力で釈放された小樓は日本のイヌと彼を罵り菊仙を連れて去る。深く傷ついた蝶衣はアヘンに溺れる。そんなことがありながらも二人は和解へと進む。その後老師爺はこの世を去り、日本軍の敗退で抗日戦争は終わる。49年、共産党政権樹立。蝶衣と小樓は再び舞台に立つが、京劇は新しい革命思想に沿うよう変革を求められていた。変革に懐疑的な蝶衣は小四に批判され、そればかりか彼に『覇王別姫』の虞姫役を奪われてしまう…。(goo映画より

さらば、わが愛 覇王別姫(はおうべっき)【感想】
今年最初の映画は韓国映画でも邦画でもありません。香港映画の覇王別姫。もう古い映画なのでネタバレとか気にしないで感想を書くことにします。
この映画を一言で言うと“スゴイ”って感じですかね。ただ、到底一言で言い表すことなどできませんが…。どこから感想を書いたらいいのか解らないくらいですが、まず冒頭の“あの四人組のせいで二人の芝居が見れなくなった”という台詞があったのですが、“あの四人組”とは誰なのか?はじめは映画の中の登場人物かと思っていましたが、その当時の中国で四人組といえば”文化大革命の四人組”しか思いつかないのですが、多分間違いないでしょう。程蝶衣、段小樓、菊仙の三人の物語がその時々の時代背景とともにそれぞれ巧みに絡み合い、三時間近い映画も苦にするところなく鑑賞できます。時代は年を重ねていきますが、蝶衣と小樓は若いときのままなんですね。それは京劇の華やかさを表現しているのか、他の映画だったら違和感を感じるかもしれませんが、私は見事な演出だと思います。
1966年の文化大革命で、共産党の厳しい政治的圧力を受け蝶衣と小樓が過去の罪を摘発せよと強制されるシーンがありますが、それに屈して娼婦だった菊仙など愛していないと言ってしまいます。それで菊仙は自殺してしまいますが、前のシーンで菊仙が小樓に“決して一人にしないで”と懇願した場面と、あまりにも掛け離れた場面が出会して、なんと情けない!と一瞬思いましたが、それも演出の一つなんだと思います。文化が衰退すれば、人も衰退してしまう…、そんなところを表現したかったのではないかと思います。
最後には蝶衣も自らの命を断ってしまいますが、それまで11年の歳月があまりす。彼らは一体どうしていたのか。その辺りも時代に翻弄され、そうなってしまったのではないかと想像できますね。
京劇に関わる衣装や音楽。映像も美しくきれいです。見事な構成のストーリー。京劇の素晴らしさはもちろん、人間の心の中までもを凝縮したこの映画は、もっと早く見るべきでしたね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2008/01/05 20:57 | その他の映画COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。