スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

京義線 The Railroad

京義線 경의선
監督:パク・フンシク
出演:キム・ガンウ、ソン・テヨン、ペク・チョンハク、チャ・ソウォン

京義線平凡で退屈な毎日を過ごす地下鉄機関士マンス(キム・ガンウ)。勤務時間は不規則で夜勤もあれば早朝の勤務もある。そんなストレスの多い仕事を誠実にこなす彼の前に、ある駅のプラットフォームの端で、おやつを差し入れてくれる女性が現われる。彼が運転する電車がいつその駅に到着するのか、家族や同僚でさえ分からないというのに、どうして彼女がいつもホームにいるのか不思議がるマンスだったが、ささやかな幸せを感じる。ところがそんな矢先、彼は目の前で飛び込み自殺を目撃してしまう。そのショックから立ち直れない彼は、休暇をとって京義線に乗り込む。
一方、大学講師のハンナ(ソン・テヨン)は、同じ大学の教授と不倫関係にある。誰もがうらやむエリートのハンナだが、心は常に虚無感にさいなまれていた。彼女は自分の誕生日の翌朝を一緒に迎えたいと彼に頼む。ところが不倫関係が教授の妻に知られてしまい、二人の関係は崩れ去る。悲しみに打ちひしがれたハンナは、引き寄せられるようにひとり京義線の列車に乗り込む。
京義線の強制下車の駅、臨津江で駅員に起こされた二人は、タクシーに乗ることもできず、雪の中を歩き始める…。

京義線【感想】(ネタバレ感想)
この映画のタイトル“京義線”とは…。京義線と聞いて、この映画とは全く関係ない別のものを想像してしまったのは、私だけだろうか?映画の内容からすると、別に“京義線”でなくてもよかったのではないか、他のローカル線でもよかったのに…なんて思ってしまう。南北分断でそこから先には進むことができない街でのできごとが必要だったのか、それならあまりにも中途半端な気がしてしまう。
映画の前半は、マンスが黙々と働いている姿が印象的です。見方によれば退屈なシーンかもしれませんが、まじめな彼の日常がきちんと描かれています。やがて訪れる事件。それは自分が悪い訳ではないのだけれど、心が痛んでしまい、責任を感じてしまう。つらい状況で京義線に乗り込み、そして同じく辛い状況で同じ街に降り立ったハンナと出会う。どちらも辛い状況とはいえ、マンスの方が遥かに辛いだろうと、私は思う。心を癒してほしいのは、やはり異性なのか…。心の内をそっと広げてしまうのは結構勇気がいることだと思うのですが、初めて会った人だからこそ言えるのかな…、私にはよく解りません。でもそれで立ち直ってまた次へと踏み出せれば、それでいいのかもしれません。ただ、自殺したホーム売店の彼女。彼女とマンスの関係は、一体なんだったのか、腑に落ちません。
一方のハンナの出来事ですが、あまりしっくりきませんでした。ですからハンナの不倫が終わりを告げたのは、よかったような気がします。マンスの悲しみを優しく聞いてあげ、それによって新たな次へと踏み出せることが出来たのでしょう。結果メデタシってところですかね。
感想を書いていて思ったのですが、新たな次へというところは、やはり“京義線”であったことがよかったのか…。しっかりまとまった感想でなくて、すみません。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2007/12/25 23:09 | 韓国映画(カ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。