スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

礼儀なき者たち No Mercy for the Rude

礼儀なき者たち 예의없는 것들
監督:パク・チョルヒ
出演:シン・ハギュン、ユン・ジヘ、キム・ミンジュン

礼儀なき者たち舌が短いため、しゃべることにコンプレックスがあり、人と話さずに出来る仕事として殺し屋になったというキラー(シン・ハギュン)。彼は1億ウォンさえあれば舌の手術ができるという事実を知り、ひたすら仕事をこなしていく。ひざの故障でバレエをあきらめ殺し屋になったバレエ(キム・ミンジュン)。キラーの兄貴的な存在のバレエから、“それなりのルールを決めるように”という忠告を受け、礼儀のない奴、不必要なゴミだけをヤルことにする。仕事の後、血の臭いを消すために強い酒を飲むキラー。彼が毎度立ち寄るバーには、彼に強引に言い寄ってくる彼女(ユン・ジヘ)がいる。彼は理解不可能な彼女に惑わされるが、何も話さない自分が好きだという彼女をなんだか押しのけることができない。もう少しで1億ウォンが貯まるまでなったある日、キラーはバレエと市場の再開発件で暴利を得ようとする奴の依頼を受けるようになる。手強い奴らという情報に注意深く仕事を進めるが、誤って別人を処理してしまう。舌の手術をして、彼女と一緒にスペインへ行って闘牛士になるというキラーの夢は、寄生虫のようなやつらによって妨げられるようになり…。

礼儀なき者たち【感想】
大まかなストーリーは単純なものかと思っていましたが、細かい部分が入り組んでおり、見終わった後によく整理して考えないと理解できないところが多かったです。キラーと彼女の関係はすぐに理解できたのですが、これは韓国の映画やドラマにはよく出てくるパターンで、幼い頃の思い出というか関係が、大人になった今に現れるというお決まりというか…。でも一体一緒に暮らすようになったあの子供はなんなんだろう…。判らないところが多すぎて、感想を書くのをやめようかと思ったくらいですが、でもこの映画、結構よかったように思いす。別に感動するわけでもなく、アクションがよかったとか、そういうことも無いのだけれど、出演者がみんな個性的というか、役所がよかったのかな。キラーは映画の中でほとんどしゃべりませんが、物語を語ってくれます。その語りに合った抜群の演技力をシン・ハギュンが見せてくれます。それから彼女を演じるユン・ジヘも、この映画のヒロインにはピッタリな気もしました。少し地味な感じでは否めませんが、子供の頃の自分と今のキラーと自分との関係、難しい役所をよく演じていたと思います。映画全体が盛り上がりに欠けるような印象はありますが、逆に私はそんなところが好きです。他の出演者たちも、自分の持ち味を少しずつ発揮しているところがいいですね。
韓国語で口のきけない人のことを“벙어리”って言うんですね。覚えなくてもいいような単語をまた一つ覚えました。(笑)

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2007/10/28 19:23 | 韓国映画(ラ・ワ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。