スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

妻の恋人に会う Driving with My Wife's Lover

妻の恋人に会う 아내의 애인을 만나다
監督:キム・テシク
出演:パク・クァンジョン、チョン・ボソク、チョ・ウンジ、キム・ソンミ

Driving with My Wife's Loverこれまでの人生そのものが、小心この上なかったテハン。暇つぶしにハンコを掘りながら、その日暮らしをしている。彼は妻が浮気していると思い、不倫現場をおさえようと計画をたてる。タクシー運転手をしている浮気相手ジュンシクの家の近所をうろつき、客を装って奴のタクシーに乗りこむ。行き先は、遠く離れた洛山(ナクサン)。とんでもない長距離を快く引き受けたジュンシクは、テハンがソオクの夫であることも知らずに、車内で得意げに愛情論を展開する。二人はその道中でさまざまなアクシデントに見舞われるが、紆余曲折の末に目的地に到着する。タクシーを降りた後、予想通り妻が1人でいる家へジュンシクは向かう。現場を目撃したテハンは、その現場をおさえて決着を付けようとするが、小心者なので成し遂げることが出来ない。結局ジュンシクのタクシーを盗んで、彼の妻がいるソウルへ向かう。いくら小心者のテハンでもじっとしていることができない…。

妻の恋人に会う【感想】(ネタバレの感想です)
なんかおかしな映画でしたね。特に前半は???な部分が多くて…。タクシーが途中で故障してしまうのですが、レッカー車を待つ間、坂道を何十個ものスイカが転がってきたり、車を修理している間食事に出かけるのですが、そこで電話をしているときに、そこまで受話器の線は延びないだろうし、突如現れるヘリコプターも…。おかしなところに突っ込みを入れたくなってしまいましたね。ですが後半はなかなかよく出来ていました。テハンがソオクの店で酒を飲むシーン。テハンを演じるパク・クァンジョンと、ソオクを演じるチョ・ウンジですが、二人の雰囲気がとてもよく、二人の寂しさや辛さが伝わってくるような感じでよかったですね。
この映画は90分くらいでそんなに長くないのですが、前半の変なところをカットして、もっと短くするか、反対にドライブ中の二人の心理戦をもっと描いてくれるとかしたら、よりいい映画になったような気がするんですけどね。まあ私のような素人考えがそう思わせるだけかもしれませんが。
そうそう、最後にテハンがポケットに隠し持っていたハンコの印字は“씨발”でしたね。それをポンとついて欲しかった気もします。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2007/10/10 10:38 | 韓国映画(タ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。