スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

イ・デグン、このお宅は Mr.Lee vs Mr.Lee

イ・デグン、この宅は 이대근, 이댁은
監督:シム・グァンジン
出演:イ・デグン、イ・ドゥイル、チョン・ギョンスン、パク・チョルミン、アン・ソニョン

イ・デグン、この宅は楽劇団人生40年、家の大小の事柄はおろか、子供にも背を向けて生きてきた父イ・デグン。2男1女の子どもたちの共通した一言は「お父さんは、私に何をしてくれた?」。波瀾万丈、それぞれの事情によってちりぢりに散らばり、連絡を断って暮らして3年。母の法事を迎えて、ようやく一か所に集まるイ・デグンの家族。しかし、息子は父を相手に物を売りつけるし、娘はお辞儀をしたくないと粘り、時間になっても末っ子は来ない。集まった者でいさかいが続くが、いつのまにか12時になってしまって…。そしてこの家族の秘密が明かされることになるが…。

イ・デグン、このお宅は【感想】
家族を描いた映画で、しかも父親が主人公。はじめはそんな気もしませんでしたが、秘密が明らかにされると、そんな思いが強くなってしまう。この映画は何も知らずに見た方が遥かにいい映画で、感想もどう書いたらいいのやら…。
父親は子供たちに背を向けて生きてきたというけれど、果たしてそうなのだろうか?日本語字幕ではなかったので、よく理解できない部分が多かったけど、大筋は間違っていないと思う。時間をとってもう一度鑑賞するつもりですが、次に鑑賞したときは、何を訴えているのか理解できるかは心配だ。しかし、妻の法事を終えて、写真の前で一人飲む酒、よみがえる過去、そして一人泣くデグンは、悲しくもあるが心にしみるシーンです。
あまり書くとネタバレしてしまいそうで怖いので、これくらいにしようと思います。はじめにも書きましたが、この映画はできるだけ少ない情報で鑑賞するのがおすすめです。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2007/10/06 15:51 | 韓国映画(ア)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。