スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

撃つ Big Bang

撃つ 쏜다
監督:パク・チョンウ
出演:カム・ウソン、キム・スロ、カン・ソンジン、ムン・ジョンヒ

撃つある日交番で偶然出会った2人の男たちの物語。真面目な男と、どうしても刑務所に入りたい前科15犯の男が繰り広げる一夜の騒動を描いたコメディだ。主演は映画「王の男」のカム・ウソンと、今や韓国映画界に欠かせない個性派俳優のキム・スロ。
誠実な人生を歩んできたパク・マンス(カム・ウソン)。彼はある日突然妻から離婚を宣告される。“一緒に暮らすのがつまらない”というのがその理由。そして同時に会社からは“君を雇っている余裕がない”と解雇通告を受けてしまった。一瞬のうちに人生の全てを失った彼…。会社の送別会でブチギレてしまったマンスは、怒りを抑えきれず家に帰る途中、たまたま目に入った塀の“小便禁止”と書いてある文字に逆上し、禁止事項をしてしまうマンスだが、そこは派出所の塀...、そのまま逮捕されてしまう。一方マンスとは対照的に、好き勝手生きていたヤン・チョルゴン(キム・スロ)は、母の病気の治療費のため、罪を犯しては自首して投獄される、刑務所の常連。その日もわざと無銭飲食し、自首するため派出所へ向かった。しかし今日はマンスにかかりっきりの警官達が自分をなかなか逮捕してくれない。生まれて初めて派出所に捕えられたマンスと、派出所とあまりにも懇意なチョルゴン。強力係から左遷されて気分が非常に悪いマ・ドンチョル刑事。これらが微妙なづれを生じていき、思わぬ展開へと発展していく…。

Big Bang【感想】
私は韓国映画を見るときに「BUNKAKOREA」あたりの映画情報を結構参考にしているのですが、“Good”、“Bad”の評価があり、割と自分にマッチしているなと思っていました。そんな訳で、この映画は正直期待して観たんですよ。いつも期待すると外れるのですが、これは外さないという妙な自信があったんですけどね…。
カム・ウソンとキム・スロは、どこかの新聞記事で読んだのですが、特別仲がいいらしいですね。二人の共演では「肝っ玉家族」という映画を思い出しますが、今回は両極端な役所です。観ていてちょっと違和感を感じなくもありませんが、息はピッタリでしたね。
この映画を見終わったとき、正直、“外したな…”と思ったのですが、よくよく考えてみると、この映画は社会に対する不満を描いていたんだなと思います。自分がスカッと納得するのではなく、考える余韻を残してくれる、そんな映画のように思いました。
真面目に生きてきたマンス。でも彼は悲しい最後を迎えます。悪さをしても精一杯生きてきたチョルゴンも悲しい最後を迎えます。一体この遣る瀬無さは何なんだ!! 要領よく生きている同僚や上司。そんな奴らに腹を立てながらも、これが社会の現実なんだと痛感させられるところが、悲しいですね。自分もおとなしく、誠実に生きてきたつもりですが、こういうのを見せつけられると、これからの自分がとても心配です。映画の中の話とはいえ、今の自分を振り返らずにはいられません…。まあ、映画だからあまり難しく考えるのはやめましょうか。
この映画では二人の心の葛藤がとても判りやすく描かれていましたが、それと同時に社会への不満というのも判りやすく描かれていたと思います。警察のルーズな場面、会社で要領のいいやつ。私から見ればどれも腹立たしいのですが、現実を考えれば、仕方なく納得かな…。
主演のカム・ウソン、キム・スロ共にいいのですが、観ていてうざく感じるカン・ソンジンも、よかったと思います。マンスの奥さん役のムン・ジョンヒも印象的でした。ムン・ジョンヒって、「風の伝説」のとき、“女優の木村佳乃さんにそっくりだなあ”何て思ったのを思い出しました。
余談ですが、“小便禁止”というのは、韓国語でもそのまま“소변 금지”なんですね。うんー、面白い…。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2007/08/27 23:57 | 韓国映画(ア)COMMENT(0)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/05/02 | 【2ちゃんねるまとめ風】韓国のニュース |

警察を見下す中国人女性、派出所の床に小便=韓国

住民3万1404人のうち外国人3872人(12%)が住んでいるソウル永登浦区(ヨンドンポグ)大林洞(デリムドン)。地下鉄2号線と7号線が交差する大林駅があり、一日の流動...

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。