スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

懐かしの庭(原題:古い庭園 The Old Garden)

懐かしの庭(原題:古い庭園 오래된 정원
監督:イム・サンス
出演:チ・ジニ、ヨム・ジョンア

古い庭園「古い庭園」は、光州事件前後の1980年代、韓国社会の変革を夢見た運動家の人生と、わずかな時間愛し合い、17年間別れなければならなかった二人の男女の悲しい恋を描いた作品。
軍部独裁に反対して民主化運動を行い、若い時代をすっかり監獄で送ったオ・ヒョヌ(チ・ジニ)。16年と8ヶ月が過ぎた雪の降る冬の日に刑務所を出る。変わってしまった家族とソウルの風景は、何だか彼には馴染みが薄い。ただ監獄にいた17年間、一度も会えなかった財布の中の写真の顔だけが親しげに微笑みながら語りかけてくる。忘れることができないその顔、それは逃亡生活の中で運命的に出会った田舎の学校の美術教師ハン・ユニ(ヨム・ジョンア)。数日後、母親からユニの手紙を渡され、彼女が亡くなっていたことを知る。
1980年、逃避中だったヒョヌは彼をかくまってくれる人からハン・ユニを紹介される。二人は互いを受け入れ、やがて愛し合うようになるが、平穏な生活は長くは続かなかった。仲間たちがみんな捕まったというソウルからの便りに、ヒョヌは再び活動に加わる決心をし、そこでの生活を終わらせることにする。ユニは彼を引き止めたいがそうできなかった…。

懐かしの庭【感想】
先日、映画を見る時に“時代背景”が重要なものは、その時代をよく知っておかないとダメだと書きましたが、この映画は正にそういう映画ですね。知らなかったら、???の連発でしょうか。民主化運動でこれ程の刑に処せられるとは信じがたいと思うのは、勉強不足だったと反省です。民主化運動とその弾圧…。実は3ヶ月ほど前、ドラマ「砂時計」を見て、光州事件前後のことを再度勉強したところでした。
それで、この映画ですが、私は結構よかったと思います。別に悲しくて泣かせる映画でもなく、17年前を淡々と振り返っています。取り立てて何かを訴えるのではなく、なんというか、優しく静かな感じがいいです。逆にこの映画が泣かせる場面が多かったりしたら、重すぎて見れないかもしれませんね。
出所した彼が17年前の過去を振り返ってみるのですが、その過去の場面では、彼女からの目線なんですね。現在の主人公が彼で、過去の主人公が彼女という、その辺も上手な演出だと思います。ヒョヌ役のチ・ジニですが、彼自身静かな雰囲気の役者さんで好感が持てます。それからユニ役のヨム・ジョンア、いい女優さんです。コミカルな役もいいですが、今回のように彼を愛しぬく彼女の雰囲気、すばらしかったです。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2007/08/12 21:26 | 韓国映画(ナ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。