スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

サイボーグでも大丈夫 I am a Cyborg, but That's OK

サイボーグでも大丈夫 싸이보그지만 괜찮아
監督:パク・チャヌク
出演:イム・スジョン、チョン・ジフン(RAIN・ピ)
サイト:http://eiga.com/official/cyborg/

サイボーグでも大丈夫ここは突飛な想像と空想に満ちた新世界精神クリニック。ある日、新しい患者が入ってくる。少女の名はヨングン(イム・スジョン)。なぜか自分のことをサイボーグだと信じ、蛍光灯を叱り、自動販売機にご苦労さんと声をかける。ヨングンは、自分のことをかわいがってくれたおばあちゃんが療養所に送られて以来、頭のネジがちょっとおかしくなった。でも仕事が忙しいヨングンの母親は、「私はネズミよ」と言っていたおばあちゃんと自分の娘が同じようにビョーキだとは認めたくない。そんなヨングンに目をとめたのは、同じ年頃のイルスン(チョン・ジフン)。彼はヨングンを観察するうちに彼女のパワーダウンの原因がわかった。サイボーグはご飯を食べると機械が壊れると信じこんで、電池を舐めているだけだったのだ。その上、おばあちゃんを連れ去った“ホワイトマン”を早く倒しておばあちゃんを助けなければならないのに、サイボーグのくせに同情心が捨てられなかった。イルスンは、みるみる痩せていくヨングンを助けるために特別な装置を開発し、なぜヨングンがサイボーグなのかを一緒に解明しようとするのだが…。

サイボーグでも大丈夫【感想】
今秋日本でも公開予定のこの映画。当初、シナリオを書く段階ではカン・ヘジョンを想定していたそうですが、断られたのかイム・スジョンになったそうで、まあ、どちらにしてもかわいらしいサイポーグになるだろうと期待していました。当然のように映画自体も期待してしまったのですが…。いつも後から思うんですよね、期待したらダメだと。毎度のことですが、自分が情けないです。
イム・スジョンはドラマ「ごめん、愛してる」のウンチェの印象がとても強く、可愛いだけでなく、芯の強い女性で、今回もその辺を期待してしまった自分が悪いのでしょうか。ストーリー上、自分をサイボーグだと思い込んでしまっているのはいいとしても、動きや表情までもがそうなってしまうのはちょっと変だし、眉毛金色で、見ていて可愛いどころか、怖いです、はい。“突飛な想像と空想に満ちた新世界精神クリニック”っていうところがそうさせているのか、見ていて理解に苦しむシーが多いし、????の連発でした。クリニックの人たちは、皆ちょっとおかしいですが、でもそこらに居そうな気もしますし、主演の二人だけが、突飛押しも無いだけでしたね。しかし、何でも盗んでしまう彼は、ちょっとすごいですね。歌声を盗んで彼女に聞かせてあげるところは、ロマンチックでしたけど。しかしその他はどうも感想になるとこすら見つからず、困ってしまいます。そうそう、気の小さい患者さん役でオ・ダルスが出演していました。パク・チャヌク監督の映画には欠かせないのですかね。今回も味のある演技で楽しませてくれていました。どんな端役でもしっかりこなすところがいいですね。
ちょっとチグハグな感想になってしまいましたが、お許しを…。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2007/06/30 20:54 | 韓国映画(サ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。