スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

美女はつらいの 200 Pounds Beauty

美女はつらいの 미녀는 괴로워
監督:キム・ヨンファ
出演:キム・アジュン、チュ・ジンモ、ソン・ドンイル

美女はつらいの原作は、鈴木由美子さんのコミック「カンナさん大成功です!
歌う才能にあふれるカン・ハンナは身長169cm、体重95kg。そのルックスのせいで、美女歌手アミのゴーストシンガーとして代わりに歌を歌う境遇で、生活のためテレクラのアルバイトまでしている。しかし、最もつらいのは彼女の心だ。アミのレコード・プロデューサーであり、ハンナの音楽性を認めてくれた唯一の人ハン・サンジュンを、ひっそりと愛するようになったこと。彼の誕生日パーティーに招待され、真っ赤なドレスが届く。ウキウキしてそのドレスを着ていくと、実はそれはアミの意地悪で、同じデザインのドレスを着たアミが現れる。ハンナがトイレで泣いていると、サンジュンがアミに“いじめないで利用しろ”と言ってるのが聞こえる。ハンナは、テレクラの客の整形外科医を脅して全身整形をする。手術は大成功し、ハンナは完ぺきなSラインボディの女性として生まれ変わった。一方アミは、ハンナが失踪したためアルバムを出せなくなっていた。ハンナは“ジェニー”と名乗り、アミのゴーストシンガーのオーディションを受けるが…。

200 Pounds Beauty【感想】(ネタバレありの感想です)
なかなか面白い映画でした。原作の「カンナさん大成功です!」とは内容が違うそうですが、別に比べなくてもいいですよね。
人間って欲深いもので、一つ何か手に入れると、また次のものが欲しくなって、そして気がつくと本当に大切なものを無くしてしまっていたりするんですね。この映画の場合は、大切なものを無くすというより、知らず知らずのうちに捨てようとしていました。それでもやはり捨てることはできず、告白してしまうのですが、その辺に共感するのでしょうね。外見だけきれいに変わっても、中身がダメだと、やっぱりダメなんだと。元々心優しい彼女だからよかったってことなんでしょうが、一歩間違うと恐ろしいですよね。コメディーか犯罪かってな感じで、笑えませんよね。
主演のキム・アジュン。あまり知らない女優さんでしたが、コミカルな演技もよかったですね。美女になる前のハンナを演じているのも彼女自身で、特殊メイクも大変だったとか。歌声も彼女自身で、頑張っていたんですね、拍手。しかし、この映画の一番よかった所は、脇の役者さんがしっかりしていたところかななんて思います。ドラマとかでよく見かけるソン・ドンイルやイム・ヒョンシクなど、彼らの演技で映画が盛り上がっていたんじゃないかと思えるくらいです。カメオ出演のイ・ボムスなんかは特に印象が強かったですね。画面に登場しただけで、笑ってしまうくらいですから…。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2007/06/17 18:47 | 韓国映画(ハ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。