スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

フラガール

フラガール
監督:李相日
出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、岸部一徳、富司純子

フラガール常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生秘話を、40年の時を超え完全映画化。
昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフトし、炭鉱は次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」の計画を進めていた。目玉となるのはフラダンスのショー。早速、本場ハワイでフラダンスを学び、松竹歌劇団で踊っていたという平山まどかを東京から招き、地元の娘たちのダンス特訓を始める。しかし数世代も前から山で生きてきた住民は、閉山して“ハワイ”を作る計画に大反対。まどかや娘たちへの風当たりも強くなるが、彼女たちはあきらめず練習を続ける…。

Hula Girl【感想】
ここのところ邦画を何本か鑑賞したのですが、ブログの方はというとあまり更新できていませんでした。で、今日は韓国映画ではなく邦画です。
一言でいうと、“よかったです。感動しました”って感じです。何がよかったのかって、それは何かをしようと一生懸命に努力する姿、あきらめない情熱ですかね。感動のシーンはやはり最後のフラのシーンでしょう。もう圧巻です。時代の荒波にさらされた炭鉱の厳しい日常と、女が自立できる道を初めて知った少女たちの成長が描かれていく、そういうシーンを見て感動しない方がおかしいんじゃないかと思う。辛い立場になっても何とかそれを乗り越えようとする、苦しんだ分だけ喜びも大きくなる。娘のダンスを見て感動する母親の姿が、それを全て言い表していたように思います。
出演していた全ての役者さんがよかったですよね。松雪泰子はもちろん、富司純子にいたっては貫禄すら感じますよね。もう私のブログも韓国映画から邦画に乗り換えようかと思ってしまうくらい、最近見る邦画はすばらしいです。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2007/04/30 21:49 | 邦画COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。