スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

サンデーソウル Sunday Seoul

サンデーソウル 썬데이 서울
パク・ソンフンの監督デビュー作。
3つのエピソードで構成されているが、どれもひとつのジャンルでは括れない斬新な作りになっている。タイトルの「サンデーソウル」は、あらゆるトピックをジャンルにこだわることなく扱った韓国の大衆紙の名前にちなんだもの。

サンデーソウル<エピソード1:オオカミ人間>
出演:ポン・テギュ、コ・ウナ
学校で毎日なぐられてカツアゲされている高校生トヨンの唯一の楽しみはクラスメートのジヨンを見つめること。彼女とのロマンスを想像すると現実の苦痛をすべて忘れることが出来るのだ。そんなトヨンは、実はオオカミ人間だった…。
<エピソード2:訪問者>
出演:パク・ソンビン
自動車の故障のため、通りかかった村の家に滞在することになった男。実は連鎖殺人魔なのだが、逆にその家で奇怪な家族に遭遇して味わう恐怖を描く。
<エピソード3:台風少年>
出演:イ・チョンア、キム・スヒョン
父親の敵への復讐のため、武術の修行をする少年テプン。彼は天才的な武術の使い手の少女ヨンジャと出会うが、復讐心のためヨンジャが彼に寄せる思いに気づかない。

オオカミ人間【感想】
まず最初の<オオカミ人間>おとなしいトヨンは、実はオオカミ人間だったってだけで、だからどうしたの? って感じですよ。彼女も同じ種族だったって落ちもあるけれど、それにしても、だからどうしたの? って感じですね。私としては、オオカミ人間になったその後の彼を知りたいですね。余談ですが、コ・ウナのスカート短すぎじゃない? おじさんはうれしいけど…。
訪問者<訪問者>ストーリーとしては、これが一番よかったかな。怖いはずの男が、もっと怖い恐怖を味わうのですから、痛快ですね。一見どこにでも居そうな男が実は殺人魔で、そんなことを感じさせずにストーリーが進んでいき、やがて全容が明らかになっていくところも、見ていて好感が持てました。
台風少年<台風少年>ガソリンスタンドに小型飛行機が給油にきたり、給油したガソリンが原因かどうかは定かではないけど、その飛行機が墜落したり、はやりおかしなガソリンスタンド。そこにもっとおかしなやつが登場。これはコメディーというより、もう漫画です。子供向けに作ったのかなって感じでした。ヒロイン役のイ・チョンア。彼女だけ光っていましたね。他とは明らかに違って見えました。

実はこの映画、プロローグとエピローグがあって、そっちの方も面白かったんですよ。各話の間に入れてもよかったくらいですね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキングクリック、お願いします。

スポンサーサイト

2007/03/14 14:51 | 韓国映画(サ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。