スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

四月の雪 April Snow

外出 외출
監督:ホ・ジノ
出演:ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン、イム・サンヒョ

外出絶望の中で芽生えてしまった、はかない恋…。
コンサート制作会社で照明のチーフディレクターとして働くインスの元に、妻が交通事故にあったという知らせが届く。海岸沿いの小さな町、サムチョクにある救急病院へ駆けつけた彼は、そこで自分と同じように伴侶が事故にあったという一人の女性と出会うことになる。彼女の名はソヨン。インスの妻とソヨンの夫は一緒の車で事故にあったのだという。それが意味する裏切りに絶望するふたりは、複雑な思いで看病を続ける。そして苦しみや悲しみを共有していくふたりに、こらえきれない想いが募り始める。残酷な現実を前に傷ついた二人は、お互いを心の支えとして同じようにはかない恋へと落ちていく。その先に、互いの妻と夫が犯した同じ過ちをたどることになるのを予感しながら…。

四月の雪【感想】
ホ・ジノ監督は終わり方に特徴がありますね。「八月のクリスマス」や「春の日は過ぎ行く」でもそうでしたが、ちょっと曖昧で、余韻を残した終わり方。日本の映画ではよく見かけるパターンですが、はっきりしないと気が済まない韓国人にとってはどうなのでしょう。今度聞いてみようと思いますが、私は曖昧な終わり方は嫌いじゃないですけどね。そういえば今月初めの「イゴン(異共)〈また一緒に〉」でも短編がありました。韓国映画というより、日本映画に雰囲気が似ているなって思います。
で、この「四月の雪」ですが、なかなかよかったと思います。話題になった映画を今頃鑑賞とは、何を今更って感じですが、映画よりもペ・ヨンジュンの話題が多かったので、敬遠していたというのが正直なところです。
不倫の映画ですが、愛する人への複雑な気持ちがよく描かれていましたね。“いっそのこと死んでくれた方がましだ”みたいな台詞がありましたが、映画でも、仮に実際にあったとしても、それは本音でしょうね。快復したインスの妻、亡くなったソヨンの夫、こうなると残された人たちの気持ちはとても微妙なものになるでしょう。わだかまりなく、もとの生活に戻れるわけもないでしょうし、そういった見方をすると、余計にこの映画のラストがいい感じに思えます。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2007/02/28 20:05 | 韓国映画(サ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。