スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

夏物語 Once in a Summer

その年の夏 그해 여름
オフィシャルサイトはこちら
監督:チョ・グンシク
出演:イ・ビョンホン、スエ、オ・ダルス、イ・セウン

夏物語この映画は、ある老教授(イ・ビョンホン)が過去と現在を行き来しながら若き日の初恋の人(スエ)を探し出すというラブストーリー。時代さえも超える男女の愛を、悲しく切なく描いている。
60歳を超えた今も独身を貫き通す老教授ユン・ソギョン。ある日、彼の元教え子の放送作家スジンが、取材で“先生の会いたい人を番組で探したい”と訪ねてきた。スジンはソギョンから古びた一冊の本を渡される。その本をきっかけにユン・ソギョンが生涯唯一愛した女性ソ・ジョンインとの秘密が紐解かれる。そこには歴史の波に翻弄された男女の一生、悲恋の物語が隠されていた。
1969年の夏、ソウルから農村奉仕活動にやってきた大学生たち。その中のソギョンは父を避け、やむをえず逃げるようにやってきた農業活動だといって、いつも怠けていて誠意がない。しかし、彼の心を初めて惹きつけた図書館司書のジョンイン。家族もなく孤独に生きているが、凛々しく純粋なジョンインに、ソギョンはますます惹かれるようになり、ジョンインも彼に惹かれはじめる…。

その年の夏【感想】
いい映画です、とても。久しぶりに心にしみる思いです。悲しくて切なくて、振り返ってみるだけでまた泣けてしまいそうです。
私のお気に入りのスエ、今回もすばらしい演技です。辛く悲しい役所をこれほど自然に見せてくれるのは、やはりすごいとしか言いようがないですね。悲しいときの表情もいいし、また笑ったときの笑顔も最高です。彼女が出演した前作の「家族」「私の結婚遠征記」もまだご覧になっていない方は、ぜひ鑑賞して見てください。
脇のオ・ダルス、チョン・ソギョン、ユ・ヘジン。皆いい役者さんですね。特にオ・ダルスは、去年だけでも8本くらいの映画出演。どんな演技もこなせるんじゃないかって思うくらいで、これまたすごい。そして今回新たな発見は、スジン役のイ・セウン。なかなかいい味出していましたね。今後彼女が主演の映画ができるんじゃないかと思える、そんな雰囲気がありました。これからも期待して見ていきたいと思います。
あれ、主演のイ・ビョンホンはどうしたかって? 彼は私が書かなくても彼を取り上げる記事は山ほどありますからね。私は遠慮します。(失礼)

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2007/02/25 13:27 | 韓国映画(ナ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。