スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

女教授の隠密な魅力 Bewitching Attraction

女教授の隠密な魅力 여교수의 은밀한 매력
監督:イ・ハ
出演:ムン・ソリ、チ・ジニ、パク・ウォンサン、ユ・スンモク

女教授の隠密な魅力シムチョン大学の染色科教授であると同時に、環境団体「プルンシムチョン21」で大活躍中の女教授ウンスク(ムン・ソリ)。知性と美貌、社会的地位を兼備した彼女のあふれる人気は、まわりの全ての男達からのアプローチが激しくて大変だ。取材のためウンスクに会った「私の故郷の環境を守る」のキムPD(パク・ウォンサン)も、妻帯者であるにもかかわらず、彼女に向けて火のような愛を告白してくる。ある日、シムチョン大学の漫画科に講師として赴任した人気漫画家ソッキュ(チ・ジニ)は、「プルンシムチョン21」から環境漫画を描いてくれという要請を受ける。しかし、若くてハンサムな漫画家の突然の登場で、環境運動より女教授に向けた愛情運動に精を尽くしていた「プルンシムチョン21」のメンバーたちはパニック状態に陥る。近頃急激に冷淡になった女教授の態度に絶望したユ先生(ユ・スンモク)も、その原因がイケメンのソッキュのせいだと確信するが…。

女教授の隠密な魅力【感想】
立命館大学コリア研究センター主催による「第1回 RiCKS映画フェスティバル」で、シンポジウムのテーマが「韓国映画の<女性>像」。そこにムン・ソリも出演していましたが、この映画もまさに“韓国映画の女性像”の一部が描かれている映画のように思います。映画としてのストーリーは大したものではなく、20年前の過去も、3日前の出来事と同じように思います。むしろそういったストーリーはめちゃくちゃでもかまわず、主人公の彼女をとりまく周りの人々との関係を描きたかったのでしょう。今回のムン・ソリは、モテモテの役ですが、観ている側とすれば決していい女ではなく、どちらかといえば嫌な女性のタイプです。だからそれが現在の韓国女性というわけではないのでしょうが、そういったタイプの女性が出現してきているというのも事実なのでしょう。今回のムン・ソリはナルシストで自分が一番よ、みたいな感じの女性でしたが、初めて見た人は嫌悪感すら感じてしまうかもしれませんね。コメディだと思えば最後まで観れますが、そうでなければ途中でイヤになってしまうかもしれませんね。今回は主人公は彼女でしたが、周りの男性陣が見所だったかもしれません。
それと一つ気になったのが、映像の冷たさというか、不自然な作りが気になりました。洞内に人っ子一人いなかったり、夜の町に関係ない車が無いってのは、普通では考えられないでしょう。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2007/01/31 19:43 | 韓国映画(ア)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。