スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

殴打誘発者たち

殴打誘発者たち 구타유발자들
監督:ウォン・シニョン
出演:ハン・ソッキュ、イ・ムンシク、オ・ダルス、イ・ビョンジュン、
   チャ・イェリョン、キム・シフ、チョン・ギョンホ、シン・ヒョンタク

殴打誘発者たち声楽家教授ヨンソンは教え子のインジョンを白のベンツに乗せてドライブに行く。途中信号無視で警官に違反切符を切られるが反省の色はない。人気のない川べりで教授は下心満々、インジョンはその執拗さが恐くなり車から逃げ出し山中に逃げ込んだ。山中で迷っていると、二人の若い男が男子高校生を袋詰めにしているのを目撃し、恐怖におびえながら歩いているとオートバイに乗った人の良さそうな中年男ボンヨンに出会い、近くのバスターミナルまで乗せて行ってほしいと頼む。一方、一人取り残された教授の前に怪しい男たちが現れる。男たちはバットを振り回し、野鳥を打ち殺す。粗暴な男たちに対処する術を知らない教授。そこへ、インジョンを乗せたバイクを運転するボンヨンがやって来た…。

殴打誘発者たち【感想】
恐怖感たっぷりのなかなか面白い映画でした。しかし、誇張し過ぎの暴力シーンはいただけませんね。普通の人間はそんなことはできないでしょう。普通じゃないにしても、それだけ殴れば既に死んでいるでしょって感じで、気味悪いですよね。それにしても人の良さそうなおじさん・イ・ムンシクは、はまり役でしたね。もう笑った顔がいかにも優しそうですが、逆にそれが恐怖心を煽る感じで、すごかったです。クレジットはハン・ソッキュが最初に出ていますが、この映画はイ・ムンシクが主演かなって感じです。オ・ダルスのおじさんも気持ち悪かったけど、役者ですね。唯一の女性チャ・イェリョンですが、彼女の顔がアップになったときの恐怖感がよく描かれていたと思います。
しかし教授ってのはこういう映画の場合では、あまりよく描かれていませんね。最近のニュースでも学校の先生や警察官が痴漢したりとか嫌なニュースが続いたりして、よけいイメージが悪くなるのでしょうかね。暴力の恐怖よりもそっちの恐怖の方が余計に怖かったりしてね…。
ちょっと余談ですが、石焼のサムギョップサルは美味しそうでしたね、生で食わされるのはご免ですが、石が妙によく見えました。(笑)

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2006/10/05 21:54 | 韓国映画(ア)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。