スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

僕の、世界の中心は、君だ。 My Girl And I

僕の、世界の中心は、君だ。(波浪注意報 파랑주의보
監督:チョン・ユンス
出演:チャ・テヒョン、ソン・へギョ、イ・スンジェ

僕の、世界の中心は、君だ。【解説とストーリー】
 片山恭一のベストセラー「世界の中心で、愛をさけぶ」原作の韓国版映画。新しく生まれ変わった韓国版での主演は『猟奇的な彼女』で日本でも知られるチャ・テヒョン。テヒョン特有の、いるだけでその場を明るくするような存在感は健在で、彼の主演によって、日本版には感じられなかったようなラブコメ的要素も盛り込まれ、後半の号泣路線がより際立つ仕上がりになっている。ヒロインに扮したソン・ヘギョは「秋の童話」などで人気のテレビ女優。本作で記念すべき映画デビューを果たしている。
 気はいいけれど、平凡な高校生スホ。成績も容姿もいたって普通だ。同じクラスの女の子スウンは、学校でも目立つ存在。美人で性格もいいスウンは、当然、男子の人気の的。そんなスホとスウンが恋に落ちた。美しいスウンに想われたスホの心はまさにバラ色。これから僕は君のために笑い、泣き、生きるよ。明るく楽しいことが待っているかに思えたスホとスウンの未来。そんな矢先、スウンが倒れてしまう。実は彼女の身体は病に侵されていた…。(goo映画より)

波浪注意報【感想】
 「セカチュー」のリメイク版ということで、邦題は「僕の、世界の中心は、君だ。」…。別にタイトルは原題のまま「波浪注意報」でもよかったのにね。オリジナルの方は多くの部分で“死”に直面していて、ちょっとお涙頂戴的なイメージでしたが、こちらは明るい雰囲気がありました。でもその分最後の盛り上がりには欠けてしまっていましたね。ソン・へギョも坊主になるのかなって思っていましたが、残念、それはなかったですね。
 しかしチャ・テヒョンはいい味出していましたね。見た目あまりラブストーリーは似合わないような感じがしますが、「猟奇的な彼女」や「恋愛小説」などに続いて、今回のラブストーリーも好演していました。ソン・へギョも明るいイメージはとてもよかったですね。ドラマでそういった役もこなして来ているからでしょう。余談ですが彼女は台湾での人気と相当らしいですね。
 大体のストーリーはオリジナルと一緒ですが、スホのおじいちゃん、葬儀屋でのシーンはなかなかよかったと思います。おじいちゃん役のイ・スンジェは、この前見た「みんな、大丈夫ですか?」のおじいちゃんだったんですね。偶然ですが、ちょっと驚きでした。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2006/08/31 00:31 | 韓国映画(ハ)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

 この映画の日本版は、一昨年韓国語の先生と観ました。韓国版はチャ・テヒョンだったんですね。なかなか良い配役ですね~。日本版DVD出たら観てみます。
 それと女先生VS女弟子と、下妻物語観ました。両方ともすごく面白かった!
 私は昨年まで仕事で茨城に居たので、下妻も行った事があるし、あの常総線で通勤してたので、懐かしかったです。

No:32 2006/09/21 00:56 | のり #- URL [ 編集 ]

いつもありがとうございます。

のりさん、いつもありがとうございます。
しばらく忙しくて映画も見てなくて、更新できていませんでした。
またできるだけ頑張りますので、よろしくお願いします。

No:33 2006/10/04 16:33 | トロ助 #EA9BOhdQ URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。