スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

軽い眠り A Light Sleep

原題:軽い眠り 가벼운 잠
監督:イム・ソンチャン
出演:チェ・アジン、ユン・チャン、イム・ヒョングク、ホン・アルム

軽い眠り16歳のヨリンは、一見ごく平凡な女の子だが、夜に眠れず時々薬を飲む。疲れているのに眠りは来ないのだ。たぶんそれは2年前、交通事故で一度に両親を失い、そのときの入院費が払えず、医大の実験用に渡された母の遺体を探して、一人だけの妹のために、援助交際を始めた頃、その時から。
この前、素敵なボーイフレンドができた。平凡なデートもした。すべてのことが日常的で平凡に見える。でもいつも背後には、16歳の少女が耐えるには、あまりにも手に余る現実が存在する…。

A Light Sleep【感想】
この映画は、1999年に韓国で起きたある事件をモデルに作られました。その事件とは、両親を亡くし幼い妹との生活をしていくため、援助交際を続けていた女子高生の自殺というものです。
それを知らずに見たら、一体何を描こうとしているのかもわからないかもしれません。私の場合はたまたま知ることとなったのですが、ちょっと気になっていた作品です。今のブログのタイトルバックがそれです。映画の内容はそのポスターからは想像できませんが、一人の少女の渇いた心が見え隠れします。普通に見えることが逆に悲しみを感じたり、映画のシーンでは取り立てて悲惨な場面は出てきませんが、それがむしろ効果的に訴えかけてくるような気がします。ずうっと悲しみを見せない彼女ですが、ラストシーンは印象的です。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2009/05/06 23:17 | 韓国映画(カ)COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。