スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

飛べ、ホ・ドング Bunt

飛べ、ホ・ドング 날아라 허동구
監督:パク・キュテ
出演:チョン・ジニョン、チェ・ウヒョク、ユン・チャン、クォン・オジュン

飛べ、ホ・ドング知的障害を持つ子とその父親の愛を、温かいタッチで描いたファミリードラマ。
11歳のドングはIQ60だが誰よりも学校が大好き。息子のドングが、無事に小学校を卒業できるならば、何でもするという天下無敵のチキン店社長のジンギュ。学校に行けば、ヤカンに水を汲み、毎日友人たちについて行くことしかできないドングだが、そんなドングを見るジンギュは、ひたすら幸せだ。しかし、知的障害を持っているため、学校側は彼を特殊学校に転校させようとしていた。何としてでも小学校を卒業させてやりたい父親のジンギュは、あの手この手で学校側にゴマを摺る。そんなある日、各クラスに給水器が設置され、水汲みを生き甲斐としていたドングは落ち込むが、8人しかいなくて存亡の危機にある野球部で水汲みの仕事を見つける。野球のルールも理解出来ないドングであったが、彼無しでは試合に出られないコーチは、必死でドングに野球を教えようとするのだが…。

バント【感想】(ネタバレの感想です。)
見終わった後に、この映画を選んでよかったと思える映画でした。別に取り立てて感動するわけでもないのに、終盤のスローモーションは何と気持ちのよいことか。私はあまりスローモーションの映像が好きではないのに、これほど気持ちが和らぐスローモーションには、記憶がないくらいだ。野球を知っている人ならば、この映画の終盤は想像できてしまうかもしれないが、そんなことはもう関係ないですね。
原作は台湾の王淑芬(Wang Shu-Fen 作)で台湾のベストセラー小説「私は白痴だ」。IQ60の少年を主人公にしたら、何となく見るのが嫌な場面も多くなるかと思っていましたが、この映画はそういった場面も少なくてホッとしました。もちろん担任の先生やクラスメートの冷たい視線もありますが、それよりも明るくはつらつとしたドングが良かったですね。担任の先生がドングに“明日は試験だから休みなさい”とは信じられませんでしたが、嫌な場面はそれくらいかな。映画の中でドングは、ジュンテのことを(相棒)と呼んでいました。いつも笑顔で明るく、そしてジュンテのことも気にかけていて、体育の時間に一周走る所を二週走る所はドングの思いやりんなですね。同じことが最後にも出てきますが、それは例のスローモーションです。また、息子を思う父親のジンギュ(チョン・ジニョン)もよく描かれていたと思います。お金が欲しいから癌になりたいとは普通は思わないでしょうが、この切羽詰まった状況を切実に描いていました。それともう一つ心地よかったのが野球部のコーチ(クォン・オジュン)。このキャラクターもこの映画にはピッタリでしたね。そして最後にはこの親子の明日への希望が感じられる、そんなストーリーでした。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト

2008/06/23 14:19 | 韓国映画(タ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

けんか Venus And Mars

けんか 싸움
監督:ハン・ジスン
出演:ソル・ギョング、キム・テヒ、ソ・テファ、チョン・スギョン

けんか韓国映画界きっての実力派俳優ソル・ギョングが、ラブコメディに初挑戦。夫婦喧嘩が激しい殴り合いにまで発展する過程を描いた異色作で、共演は人気女優キム・テヒ。キュートなイメージの彼女が、まさに体当たりでソル・ギョングとの激しい肉弾戦に挑んでいる。
水と油のように相容れない性格ながら、「愛があればどんな困難でも乗り切れる」と結婚したサンミン(ソル・ギョング)とジナ(キム・テヒ)。しかし、彼らの性格の不一致は愛だけで解決できる程度のものではなく、2年間の結婚生活後にあえなく各自の道を歩くようになったサンミンとジナ。そんなある日、サンミンは、何かをふと悟るようになる。ジナと別れてからは、何でも半分ずつに分けるといって腹立ちまぎれに惜しんだ物を与えるようになったこと。敏感潔癖過多執着型鳩胸症候群サンミンは、極度の執着と興奮に囲まれて急いでジナとの約束をとりつけるが、久々に再会した二人は、お互い溜め込んでいた感情が大爆発。口論が口論を呼び、ついには殴り合いの大喧嘩に発展してゆく…。

けんか【感想】
なかなか面白い映画でした。しかし、一体二人はなぜそんなに“けんか”ばかりしているのか?“けんかするほど仲がいい”なんてよく言いますが、でもここまできてしまうとどうでしょう。サンミンに騙されたことを知ったジナが、車でサンミンを追いつめるシーンはまるでホラー映画でも見ているようで、怖いくらいです。映画「中天」のと気にも書きましたが、キム・テヒは、きれいな女優さんなんですが、見方によると怖いですよね。まあでも今回はがんばっていたように思います。それからソル・ギョングですが、今回は何というか可もなし不可もなしって感じで、何かもの足らなく感じてしまいました。ラブコメディが似合わないのでしょうか?……ネ。
サンミンが昆虫学者で、その同僚テファ(ソ・テファ)が畜産学科教授ってのは面白い設定ですが、その設定もうまく生かされていなかったように思います。“けんか”と言うタイトルで、正にけんかばかりで、見ている方はやはり“なぜ”という疑問が残ってしまうように思います。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2008/06/19 14:11 | 韓国映画(カ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

11番目のママ My 11th Mother

11番目のママ(11番目のお母さん) 열한번째 엄마
監督:キム・ジンソン
出演:キム・ヘス、キム・ヨンチャン、リュ・スンニョン

11番目のママ家事やバイトに精を出すジェスは、早くに母親を亡くし父親と二人暮らし。11歳で10人ものお母さんが代わったという経歴の持ち主だ。ある日、彼の家に11番目のお母さんとなる女性が、父親に連れられてやってくる。食べることと寝ることしかしない女は、少年の食べ物まで盗む始末で、二人には諍いが絶えない。父親はほとんど家にはおらず、金が無くなれば帰ってきて、ジェスから生活費を取り上げ暴力をふるう。そんな状況を見ていられなくて、彼女は腕まくりして乗り出してから、結局ジェスとお互いに優しく湿布を貼り合う仲に発展する。ある時、ジェスは、彼女が注射しているのを見て激怒。注射や薬を捨ててしまうが、女は重度の糖尿病で、インスリンがなくては生きていけない体だった。風が静まる日がない一日一日を送りながら、二人の間に芽生えた純粋で暖かい心が互いになじみ始める頃、悲しい別れはすでに始まっていた…。

11番目のお母さん【感想】
ストーリーを振り返ってみると、涙なくしては鑑賞できない内容なのに、全然泣けなかったのはなぜだろう?
母親は最後まで名前が出てきません。その母親役はキム・ヘスで、けばけばしい化粧のときと、スッピンで髪の毛もバサバサのときを繰り返し、ありとあらゆる女性の姿を演じます。ジェス役のキム・ヨンチャンは、「パリの恋人」でゴンちゃんを演じていた子ですね。今回もグウタラな親父に悩まされる役所は似ていますが、さすがに演技は全然違っています。「パリの恋人」のときはかわいらしかったけれど、今回はもう子供と言うより大人ですね。やること全てが全然子供らしくなくて、私は不自然にさえ感じてしまいました。父親役のリュ・スンニョン。見るからに悪そうなんですが、最後にはちょっとだけ親父らしさが見えます。そしてこの三人に加え、今回の映画では一番面白い関係だったのが、隣に住んでいるペクチュンとその母親です。ペクチュンはファン・ジョンミンが、母親はキム・ジヨンと、その持ち味を存分に発揮してくれています。
これだけ素晴らしい役者の演技で、なぜ泣けなかったのか。演技を批判するわけではありませんが、そこだけに目が行ってしまい、本来見たかった人間のつながりの部分で共感できなかったと言うことでしょう。親も子供ももっとベタで良かったのに…。むしろファン・ジョンミンとキム・ジヨンの親子の方が私はジンときてしまいました。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2008/06/12 14:20 | 韓国映画(サ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

セブンデイズ Seven Days

セブンデイズ 세븐 데이즈
監督:ウォン・シニョン
出演:キム・ユンジン、キム・ミスク、パク・ヒスン、チェ・ミョンス

セブンデイズ誘拐された娘を救うため、一週間以内に死刑囚の無罪を立証しなければならなくなった女性弁護士の死闘を、緊迫感をもってスピーディーに描いた犯罪スリラー。
勝率100%の敏腕弁護士ジヨン(キム・ユンジン)は、優れた実力でスポットライトを受けているが、一人娘にとっては、0点のお母さんだ。ジヨンは、お母さんの役割をするために娘の運動会に参加するが、瞬きをする間に娘が誘拐されてしまう。身代金の要求に応えるジヨンだったが、警察に通報したとの理由で、犯人からは取引の中止を宣告されてしまう。かかってきた電話は、“子供を助けたいなら、7日以内に殺人犯チョン・チョルジンを自由の身にしろ”。そしてジヨンは刑事ソンヨルに協力させ、事件を調べ始める。7日という制限された時間の中で、完ぺきな殺人犯チョン・チョルジンを釈放させるためのジヨンの奮闘が始まるが…。

Seven Days【感想】
もはや、こういった犯罪スリラーものは、大どんでん返しがないと、映画として成り立たないのか?今回もビックリな大どんでん返しがありますが、うーん、、、、、。唸っていてもしょうがないですね(笑)。ストーリーはテンポよく進み、飽きることなくどんどん引き込まれていきます。緊迫した状況が感じられハラハラドキドキといった感じが伝わってきます。ただし、そういった雰囲気を出すためなのか、映像がゆれてゆれて、私にはそれがとてもうざく感じてしまい、残念でしたね。凝った映像のように見えますが、映像もストーリーも凝り過ぎ!単純な私はもっとストレートに見せてほしかったですね。
出演者はもう皆さんが十分ご承知の面々ばかりで、安心して見ていられます。キム・ユンジンはじめ、パク・ヒスン、キム・ミスク、チャン・ハンソンなど、そして友情出演だけど見せ所たっぷりだったオ・グァンノク。この映画のヒットは、やはり監督よりも、出演者だったのかと思いますね。

☆最後まで読んで頂きありがとうございます。
人気ブログランキング人気ブログランキング
↑ 人気ブログへのランキング、クリックお願いします。

2008/06/08 17:59 | 韓国映画(サ)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。